理不尽に怒る彼女への対処法!男性にわからない理由は脳の違いにあった!?

Sponsored Link






良かれと思ってアドバイスをしてあげたのに、彼女がとても怒ってしまっている。

「何か気にさわることでもしたのだろうか」

男性側からすれば、もう終わって、とっくに解決した話なのに、少しのきっかけで、以前からこれまでのこちらの全て非をぶちまけられる。

まるで、怒りのレコーダーのように鮮明に順を追って非をあげつらう
しかも、どんどん感情がエスカレートしていっている。

「あれ?以前の喧嘩はまだ終わっていなかったんだね」

完全にこちら側には非がないはず?なのに
今日はずっとおし黙ってムッとしている。

「彼女の体調が悪いのか。それともこちらが何かしたのか?全くわからない」

彼女が怒る

このような経験は、男になら誰にでもあるのではないでしょうか。

どうしても我慢できないことは、ある程度話などができれば話をして解決できれば良いのですが、なかなかそう上手くはいきませんよね。

あまりに理不尽で、納得もいかないけどケンカばかりしても価値的でもないし、話してわかる風でもないし、ずっと引きずるのも面倒。

ある程度理解をして落としどころも探したい。

そんなあなたには、女性・男性の生体のの違いを知ることで、今より、かなり楽になるかもしれません。

しかも、これからもこの知識をもって女性に接していくことができれば

    「そういうものだよね」
    「そっか。そうだよね」

と、達観した心で落ち着いて現実を許してあげることができるかもしれません。

『地図の読めない女 話しを聞けない男』
なんて本が以前流行りました。

男女のつくりがそもそも違うのだから
違いはあるし、理解ができないこともあるよねといった本です。

男女は見た目はもちろんですが、他にも沢山のいろいろなことが違うようです。

今回は特に、男女の脳の違いによる女性の理不尽な怒りを解説していきます!
一通りみたあとで、具体的な対処法も考えていきましょう。

Sponsored Link


女性と男性の脳の違い

まず、男性の脳と女性の脳は、どの様に違うのでしょうか?
みていきましょう。

脳梁(のうりょう)の違い

女性>男性

「脳梁」が男性より女性の方が太い

右脳と左脳をつなぐ脳の前方の部分を脳梁といいます。
この脳梁が女性の方が太いといわれています。

  • 右脳は知覚や完成をつかさどる
  •      ⇕  脳梁 ⇕  

  • 左脳は思考や論理をつかさどる
  • 脳梁は神経の束の様なもので、脳梁が太いことは
    左脳と右脳の情報伝達を、よりスピーディに行うことができると言われているんですね。

    脳梁が太いことで起こりうると考えられること

  • 洞察力と観察力
  • 左右の脳の結合が豊かなことで観察力や洞察力が優れるとされています。

  • 喜怒哀楽の変化
  • これらは統合的に作用し、喜怒哀楽の感情だけでなく、
    記憶や行動とも瞬時に結びつきやすい

  • 話題への影響
  • 左右脳間をの往来スピードが速いため、
    元々の話からとりとめもない話にまで話題が発展していくのに
    このこともあまり気にしないことも少なくないようです。

    次に、前交連の違いについてみてみましょう。

    前交連の違い

    女性>男性

    「前交連」が男性より女性の方が太い

    感情を行き来させる部分に前交連があります。
    感情の情報量が多いために、男性から見ると
    女性が感情的に見えてしまいがちなのもこのためだともいわれています。

    理性的という言葉は、感情の対義語です。
    理性的であればあるほど、ただの感情的なことに見えてしまうかもしれませんね。

    しかし、そもそものつくりに違いがあると思えば、
    これまでは単に、「感情的だ」として終わらせていたことでも
    感情が豊かなことが良い働きをしているのかもと捉えることができますよね。

    マイナスに働いているように見える時も、
    男性では感じることのできない貴重な何かを
    発信して教えてくれているのかもしれません。

    海馬の違い

    女性>男性

    「海馬」が男性より女性の方が太い

    海馬とは脳の大体中心に位置する場所にある
    必要なものを記憶していく器官とされています。

    この海馬の記憶は、感情と結びつきやすいとされています。

    女性が昔のことを時系列に丁寧に覚えて語ることとも
    深い関係があると考えられています。

    海馬が大きいことによることろがあると考えられています。

    女性が感情でいったん「イヤ」となると、
    男性が理論的に話そうとしても火に油を注ぐだけですね。

    言葉でどうにかしようとするよりは、発想自体を変えて
    彼女が喜びそうなシチュエーションを用意してあげて、
    話しを聞いてあげるのが一番かもしれません。

    以上、3つを見てきましたが、
    これらのことより、女性は男性よりもより

  • 共感性に優れる
  • 感情の情報量が多い
  • 感情の記憶にたけている
  • これらの事がいえます。

    ※脳のことに関しては最近の実験でも色々な見解があり、
    脳の大きさの違いに関しても疑問を呈しているものなど諸説あります。

    様々な学説がある中ですが、身体の違いの中で、
    脳の大きさが違うと仮定してみて広い視点で
    見ていくと面白いかと思います。

    Sponsored Link


    男女の違いのケーススタディ

    脳が違うと仮定して、男女の違いを
    具体的なケースに当てはめてみていきましょう。

    たとえば会話です。

    会話の違い 

      女:会話自体がコミュニケーションを図るための目的となる
      男:会話は目的のためのコミュニケーションでしかない

    これは多いのではないでしょうか。

    男性の会話は報告や連絡などのために必要とする。
    女性は会話はコミュニケーションそれ自体の象徴的な行為。

    男性だったら、はじめて女性と食事に行ったけど
    実際はそんなに話をしたい訳ではないんだよな、
    なんてことよくありませんか?

    行動の動機の違い

    男性の行動には目的が伴います。目的のための行動をします。
    女性は、共感自体を目的にした行動をします。共感のための行動です。

      男:買い物に欲しいものがあるから行く
      女:買い物に行くこと自体の過程のコミュニケーションを楽しむ

    よくあるケースではないでしょうか。

    他にも、
    男:ご飯は食べて腹を満たすことが目的
    女:ご飯を食べる時のおしゃべりが目的

    ランチミーティングなんて最近は言いますが、
    女性特有だと私も感じます。

    食べる時には食べてしまいたいですもの。

    お話はせめて食後のコーヒーの時とか。

    対処法

    これらの情報を元に、対処法について解説していきます。

    男性と女性の違いを例えてみますと、

  • 男性は小袋を沢山持っている
  •  

  • 女性は風呂敷を一枚持っている
  •  
    このように言えそうです。

    風呂敷

    何だか逆の様な気もしませんか。
    女性は小さなポーチを持って、
    男性は大きなリュックを背負っていたりして。

    脳の違いからは上のことが言えるんですね。

    女性は感情と記憶を大きな風呂敷の中にとばっと入れてしまっている。
    逆から見れば、沢山入っていても処理が可能なスペックがあるんですね。

    しかし、垣根がないため、混在している感情と記憶と行動が結びつきやすく
    しかもそれが頻繁に行われるために感情が大きくなってしまいがちです。

    男性から見ると大変そうにも見えますね。

    片や男性はどうでしょうか。
    男性は個袋を沢山持っているのですが、
    このために、一つ一つを立て分けて考えることができるんですね。
    こちらも逆から見てみると、分けていないと処理ができないとも言えます。

    女性から見たら、なんと男性は不器用なのだろうと映っているかもしれませんね。

    男性が女性に対してしていけること

    感情と行動と記憶が際立って優れている相手

    しかも

    それが一緒の風呂敷に入っている相手

    に一体何をしてあげるのが良いのか。

    ◆聞いてあげること

  • 相手の目に映るあなたが、「聞いてあげている」のがわかるようにしてあげる
  • 聞いてあげる時に下手に意見を挟まない
  • アドバイスをしようとしない
  • 味方に徹する 「でも」とか言わない
  • グチャグチャでとりとめのない長い話をする事もあるでしょう。
    でも、情報が一緒くたに入っているから仕方ないと思うと良いですね。
    だって、目的が話をすることそれ自体なのですから、
    結論なんて必要ありませんよね。

    女性がコミュニケーションや共有に使っている時間の邪魔をしないことが
    男性にできる難しそうで、じつは簡単な事かもしれませんね。

    ◆ねぎらいの言葉をかけること

    わかってくれている

    この安心感が、たくさん詰まった風呂敷の中を整理してくれます。

    不平不満や怒りの感情は風呂敷の中をグチャグチャにしてしまう要因です。

    感情が思い切り出ている時には、余計な事をせずに聞いてあげましょう。

    そして、常にねぎらいの言葉をかけることで安心感を与えてあげてくださいね。

    怒る前にも、怒った後にもです。

    まとめ

  • 女性と男性は脳のつくりが違うという諸説がある
  • 女性の脳と男性の脳の違い
  •    脳梁
       前交連
       海馬

      女性の方が男性よりも太いとされている

      女性>男性

  • 脳の違いは感情の表現の違いを生む
  •    男性は小袋が沢山 
       女性は大風呂敷一枚

  • 対処法
  •    話を聞いてあげることが大事
       (話を聞いているように思わせること)

    以上、いかがでしたでしょうか。

    人体のことは判明していないことも沢山あります。
    しかしながら、一定の情報を仮定した上で色々と考えてみることで
    お互いの価値を高め合うこともできるのではないでしょうか。

    違いを差別と捉えるのではなく、
    違いによる諦めや分断を乗り越えるために
    歩み寄っていく姿勢が大切なのではないでしょうか。

    今日の彼女や奥さんを見る目が愛おしく
    よりよい関係を築けるといいですね^^

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください