クーラー病の頭痛の治し方!食事や入浴など改善へのヒントも

Sponsored Link






頭が痛い・・・。

夏バテとともに毎年のようにやってくるこの頭痛。

クーラーをつけて、ほっと一息ついたのも束の間、
いつもの頭痛にさいなまれることに。

頭痛,クーラー病,治し方,食事,入浴,自律神経

最近の夏は、猛暑続きで、

クーラーなしで過ごしていた時代があったなんて
今では信じられないくらい。

なんとかしてこの頭の痛さを早く乗り切りたい!

そんなあなたに、
今回はクーラー病改善のヒントをお届けします。

つらいクーラー病の症状

まずは、クーラー病には次のものが挙げられます。
今、抱えられている「頭痛」以外にも当てはまるものがあるのではないでしょうか?

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • 肩こり
  • 体の冷え
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 生理不順
  • どれも大変なものばかりですね。

    どうして、この様な症状が出るのでしょうか?

    人間の体にとって大事なものに自律神経があります。
    この自律神経の役割には以下の二つの働きがあるのはご存知でしょうか。

  • 夏場は血管を拡張させて熱をにがしやすくする
  • 冬場は血管を収縮させて熱をにがしにくい体に変化させる


  • この自律神場経の働きにより、私たちは環境に適応させてもらっているのですね。

    では、クーラーをつけた環境にいる場合はどうでしょう。

    室外と室内の気温の差により、自律神経は混乱してしまいます。
    一日の間に、冬と夏を同時に体感するようなもの。
    自律神経でなくても、適応するのが大変そうです。

    このことにより、体温調節機能やホルモンバランスが乱れ、クーラー病といわれる症状が出てくるのです。

    そうはいっても、昨今の気候の中で、クーラーなしで夏を過ごすということは賢明ではありません。
    熱中症を引き起こし、命への危険ももたらします。

    たった十数年で死亡者数も5倍に跳ね上がっていることからも危険性は十分に説得力があるのではないでしょうか。
    特に、ここ数年では毎年1000人近くの方が死亡されているのですから、ちょっとした災害が毎年起きている様なものです。

    クーラー病のリスクを考えてクーラーを使用しないというのは選択肢からは外したいですね。

    その上で、クーラー病になっても上手に改善させる。
    または、クーラー病にならないようにクーラーを上手に使う。

    これらで熱い夏をうまく乗り切ることがベターではないでしょうか。

    それでは、今日からクーラー病の改善のヒントとなる
    対策についてみていきましょう。

    Sponsored Link


    頭痛の治し方

    クーラー病の中でも、特に多いのが頭痛です。
    この頭痛を改善することができれば、他の症状の改善も見込めますね。
    クーラー病への適切な対応が、クーラー病における頭痛の改善にもつながります。

    クーラー病の改善を考えつつ、特に頭痛の治し方についてご紹介していきたいと思います。

    わずらわしい頭痛を解消したい。

    では、頭痛の改善のためにどのような工夫ができるのでしょうか。

    クーラーの設定温度の管理

    まずは、エアコンの設定温度に気を付けましょう。
    24度以下にしてしまうと体への負担が大きくなってしまいます。

    外の気温と、室内の温度の差が大きくなればなるほど、自律神経は混乱します。

    設定温度は低くしても、25〜28度くらいが良いと言われています。
    扇風機や、ドライ機能なども活用してみましょう。
    設定温度を下げ過ぎなくても快適に過ごせるための一工夫です。

    夏場では、湿度が50~70RHであれば快適に過ごせると言われています。

    ここは、個人差もありますので、自分が快適だと感じる程度が大事ですね。
    クーラーの設定温度については夏場の睡眠 エアコンの適正な設定温度は?省エネで快適な朝を!に詳しく書いていますのでご参考下さい。

    風を直接あてない

    次に、クーラーの風に直接当たらないこと。
    首筋を冷やしすぎないことです。

    クーラーの羽根の向きを調節して風の直撃を避けましょう。
    ストールやマフラーも積極的に活用したいところです。

    くわえて、上着や、ひざかけなどは常時用意しておくとよいですね。
    少し寒いようであれば、こまめに使って快適な状態を保ちましょう。

    風が直接体に当たると水分の蒸発を活発にし、急激に体温を奪います。
    体への直接的な負担に感じないことも多いですが、気付かないうちに、かなりの負担を与えますので要注意です。

    また、首筋には神経や血管が集中しています。

    首の後ろ側に広がる僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉があります。

    ここが冷えてくると、肩こりや緊張性頭痛の原因となると言われています。

    冷やし過ぎることで自律神経の不調も起こしやすいので要注意ですね。
    温めると効果的です。

    首が冷えている場合は、蒸しタオルであたためてあげましょう。

    蒸しタオルは、簡単に用意できます。

    濡らしてしぼったタオルをビニール袋に入れ、電子レンジであたためたものを首に当てます。

    ストレッチやツボ押し

    首はとってもデリケートな場所です。

    急激に首を振ったりするのはやめておきましょう。
    ゆっくりと首を前後左右にストレッチしてあげると首の筋肉の緊張がほぐれて快適です。
    ツボ,天柱,頭痛,自律神経

    首が冷えている状態での首を鳴らす行為は特に危険ですので、こちらもやめておきたいですね。
    癖であっても我慢してゆっくりと動かすストレッチ程度にとどめましょう。

    ツボ押しも効果的と言われていますので2つほど紹介します。

    「天柱」と呼ばれる、首の後ろ側の髪の毛の生え際に位置するツボがあります。 このツボを押すと、頭痛、肩こり、目の疲れに効くといわれています。

    両手の人差し指から小指を使い、首の後ろの髪の生え際を左右にマッサージしてみましょう。

    次に、「頷厭(がんえん)」と呼ばれるこめかみ近くにあるツボがあります。
    このあたりを刺激すると、片頭痛に効果的といわれています。
    頷厭,頭痛,自律神経,ツボ
    ツボというと強く押してしまう方も多い様ですが、こちらも程よい力加減でやさしく刺激してあげるといいですね。

    では次に、食事についてみていきます。

    食事の心がけ

    まずは、意識して温かい飲み物をとるようにしましょう。

    なかでも、おススメなのは生姜湯です。

    生姜には、血管を拡張させる作用があります。
    生姜湯を飲むことにより、血行が良くなるんですね。

    この血行の促進により、頭痛をはじめ、肩こり、吐き気、食欲不振、夏風邪の改善が期待できます。

    また、通常の食事もきちんと摂るようにしましょう。

    カレーやマーボー豆腐などの香辛料が効いたものは、体を温めてくれます。

    特に、熱のもとになるタンパク質を意識して取ると良いですね。
    体を温めてくれる温性食物には以下のものがありますのでご参考下さい。

    温性植物アラカルト

  • かぼちゃ
  • 玉ねぎ
  • にんじん
  • ピーマン
  • にら
  • ねぎ
  • 生姜
  • しそ
  • らっきょう
  • にんにく
  • チーズ
  • アジ
  • サバ
  • イワシ
  • 鶏肉
  • 紅茶


  • などがあります。

    全部を実践するというのは大変ですね。

    まずは、今日の献立に1品入れようという気持ちで、
    気負わずに始められれば良いかと思います。

    Sponsored Link


    入浴

    次に、入浴も頭痛の改善につながります。

    入浴は、ぬるめのお湯にゆっくりと入りましょう。
    自律神経の安定のために最適な温度と時間は、以下がよいと言われています。

  • 温度:38〜40度のぬるめのお湯
  • 時間:15〜30分ほどゆっくり浸かる
  • カラスの行水の方は15分の入浴も大変かもしれませんね。
    そんな方には、入浴剤やバスソルトなんかを活用してみてもいいかもしれませんね。

    発泡入浴剤は、比較的に短時間での温浴効果が期待できます。

    炭酸ガスに疲労回復の効果があるといわれているんですね。
    仕組みの順を追うと以下の通りです。

    1. 錠剤から出た炭酸ガスが、お風呂のお湯に溶け込む
    2. 皮膚から体内に入る
    3. 血液に吸収され血管を拡張する
    4. 血液の流れがよくなる
    5. 筋肉中の疲労物質を押し流してくれる
    6. 疲労が回復する



    クーラーで冷えた体もすぐに温まる事でしょう。
    頭痛の軽減にも期待できますよね。

    バスソルトは塩分が汗腺に入り、体温低下を妨げるそうです。
    入浴剤を入れたほうが、お風呂でゆっくりできてリラックスできますよね。

    自律神経の安定に一役買ってくれそうですね。

    注意点としましては、お風呂から出た後です。

    急激な温度の変化が起きない程度に室内の温度を設定しておきましょう。
    急激な血管の収縮は、同じことを繰り返してしまいます。

    まずは、27度程度から試してみましょう。
    入浴前にあらかじめ設定しておくと良いですね。

    まとめ

    ⇒夏の頭痛は自律神経の乱れから引き起こす

    ⇒環境のバランスを考えることが大事

    ⇒食事やお風呂、エアコンの設定温度などで対応ができる

    これらがおわかりいただけたのではないでしょうか。
    対策としましては以下の通りでした。

     

  • クーラーの設定温度の管理
  •  

  • 風を直接あてない
  •  

  • ストレッチやツボ押し
  •  

  • 食事の心がけ
  •  

  • 入浴
  •  など



    夏の敵は熱中症だけではありません。

    クーラー病にみられる自律神経の乱れによる頭痛にも気を付けたいですね。
    気になる不調が、何からくるものなのか、しっかり見極めて、適切な対応をしましょう。

    生活の環境を少しだけ変えることで解決できることもあります。
    今回ご紹介したことが少しでもお役に立つと嬉しいです。

    楽しく快適な夏ライフをお過ごしください。

    お読み頂きありがとうございました。

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください