血管年齢が2週間で若返りする食べ物とは?個人的に一番効果があったのはコレ!

Sponsored Link






血管年齢が大事だなんてわかっている。

でもなかなか取り組めない。

食べ物だけでも血管に良いものなんて沢山あるようだし。

血管を若返らせる方法が沢山ありすぎてどれから手をつければいいのかもわからない。
血管年齢,若返り,食べ物,しょうが酢
どうしていけば良いかわからないそんなあなたにそっと紹介します。


もうあれこれやる必要はありません。


今日からできる簡単な方法があります。

たった一つの食事を取り入れるだけの簡単な方法です。


まずは2週間試してみてください。

Sponsored Link


しょうが酢のすすめ

ずばり血液若返りの方法を発表します!

そうです!タイトルの通りしょうが酢を飲むのですね。

こちらは私もやってみてよかったのでお勧めです。

わずか1ヶ月で体重が4㎏減りました。

体も軽くなり寝起きも楽になりました。健康診断の血液検査も良かったんです!

こちらは後で知ったのですが、しょうが酢を食すだけで次の効果が期待できるのです。

それがこの11個です。

  • 血糖値を下げる
  • 造血の促進
  • コレステロールを下げる
  • 老廃物の除去
  • 代謝を良くする
  • 免疫力を高める
  • 冷え性を予防する
  • 筋肉疲労の回復
  • 動脈硬化の予防
  • カルシウムの吸収の促進
  • 肝臓保護
  • うーん。本当、素晴らしい効果がありますね。

    血管年齢も若返ります。
    検査をされた方の声ではわずか10日で17歳近くも若返った方もいる様です。

    あくまでも他人の例ではありますので自分でやって実感するのが早いですね。

    その上で、私の実感としましても、体が楽になったり朝が楽になったりしていますので実感として本当に良いのは確かです。

    基本的に動脈硬化を食いとどめるだけで血液をさらさらに保ってくれる訳です。

    動脈硬化には心筋梗塞や狭心症や脳卒中などがありますからこれらも予防してくれることになる訳です。

    血管年齢を若く保つことはやはり重要なことですね。

    体に良い作用はキチンと数えたらいくつあるのでしょうか。

    信頼剤ってなに?

    効いたか効いていないか分からないようなサプリメントなどを“信頼剤(しんらいざい)”と言います。

    この信頼剤とは実際に消費してみてもその判別がつきにくいもののことを言います。実際にそのものの価値が分からないことって多いですよね。

    よく分からないけど“信頼するしかないよね”という意味です。

    サプリメントが好きな方はどれがどう体に良い作用をしているのかさせ分からなくなっていることも多いですね。

    そんな中、しょうが酢には実感が持てるのではないかと思います。
    しかも、かなりのコストパフォーマンスの良さですからね。

    しょうが酢の作り方

    それでは、まずしょうが酢の作り方です。

    用意する食材は次の3つだけです。

    準備する食材

  • しょうが
  • はちみつ
  • 黒酢(他の酢でもOK)
  • 黒頭は他の酢に比べてアミノ酸が多いのでなるべく黒酢でつくりましょう。
     黒酢にも色々とありますので面白いですね。

    この組み合わせが抜群なんです。
    血液にも良い効果をもたらします。

    次に必要な調理器具は3つです。

    調理器具
  • 500㏄程度のふたのある容器
  • 包丁
  • まな板
  • これだけです。

    次に調理方法です。調理という程ではありません。

    調理方法ファイブステップ

    1. しょうがをみじん切りにする・・200g程度
    2. みじん切りしたものを容器に入れる
    3. 黒酢を入れる ・・200㏄程度
    4. はちみつを入れる・・50g程度
    5. 軽くなじませて1日程度寝かせます。

    そうすると、出来上がりはこのようになります。
    しょうが酢,血管年齢

    調理のレパートリー

    召し上がり方は沢山あります。

    そのまま食べてもまろやかになっていて美味しく食べられます。

    ごはんにかけて食べてもいいですし、豆腐に乗せても食べてもおいしいですよ。

    サラダに掛けて食べるのもよいでしょう。


    他にも

  • 肉を焼いたあとの仕上げに乗せる
  • 山芋に混ぜる
  • 卵かけごはんに様に卵にまぜる
  • 卵焼き しょうがのシャキシャキ感が残る最後に入れるとおいしいです。
  • しょうが酢湯として飲む
  • 炒め物に和える
  • など、何にでもあいますので一緒に召し上がり下さい。

    他によいものがありましたら教えてください。

    1日何回どのくらい食べるの?

    こちらは毎食事と一緒に食べましょう。

    1日に1人当たり20~30g程度が目安です。最初はあまり無理をしないでいきましょう。

    “何かにつけてもしょうが酢を”と楽な気持ちでいければいいですね。

    まずは2週間、色々な料理とあわせて続けてみて下さい。

    実際、うちは4人でひと月強で1瓶なくなるかな?てな具合です。

    注意点!

    うちの家では最初のころに妻が生姜湯にして飲みました。

    そしたらお腹が痛い気がすると言っていました。

    ちょっと量も多かったのも原因だと思いますが体に合わない場合もありますので少量から徐々にお試しくださいね!


    また、最初は臭いも慣れない方もいらっしゃると思います。

    黒酢にしょうがですからどちらも癖がなくはないですよね。

    しかし、「めちゃくちゃ体にいいよー、体がよろこんでるー」とか言い聞かせて食しているとすぐに慣れます。
    ※個人差ありますが。

    最初は抵抗あってもまずは2週間お試しください。

    変化があれば喜んで食せる事となるでしょう!

    Sponsored Link


    冷蔵庫に常備を

    “さしすせそ”なんていいますよね。

  • さ =砂糖
  • し =塩
  • す =酢
  • せ =醤油
  • そ =味噌
  • どこのご家庭にもありますね。
    その他にはみりんや料理酒なんかも常備しているでしょう。

    ここにしょうが酢を加えてください。

    先程も紹介しましたが簡単に作れます。
    しかも色々と使えて重宝します。

    ドレッシングとしても役立ちますし、調味料としても優秀です。

    しかも、体によいわけですから万能です。

    常備できるものといえばお金が心配かもしれませんね。

    費用はどれくらい?

  • しょうが ・・200g  100円程度
  • 黒酢   ・・550ml  250円程度
  • はちみつ ・・150g  300円程度
  • 計700円程度で揃いますね。

    3回入れ替えると考えるとしょうが代が増えて800円程度ですね。

    そんなに悪いものでは良くないでしょうが、市販の普通のもので揃えられたらと思います。こだわられる方は良いものを買われると良いでしょう。

    ただ、長続きする方がよいので予算をあまりかけたくない方は上の様な感じで揃えてみて下さい。

    どのくらい持つか

    800円の3回入れ替え分ですので。
    1,500mlとして

    1人分:800円として

    1500ml ÷ 25g/日 = 60日
    ※あくまで目安です。

    1人で1~2か月強は持ちますね。
    家族4人では半月程度でしょうか。大体そんな感じです。

    食べ方にもよりますのでその辺はまずは1瓶使い切って判断して下さい。

    まとめ

    酢には血液促進があり、生姜には血液拡張作用や血液を硬化させない働きがあります。

    これらの相乗効果により血液が健康に保たれます。

    しかし、論より証拠です。


    体がだるいな。

    重いな。

    疲れが溜まるな。

    健康診断が心配だ。

    ジムにいかないとダメかな。


    そんな方はしょうが酢を摂取して軽い運動をしてみることをおすすめします。
    簡単で効果的な運動はマイオカイン!簡単スクワットとウォーキングで健康な毎日を!に詳しく紹介しています。

    しょうが酢と効果的な軽い運動を取り入れてたのしく健康を手にしていきましょう。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください