産後の抜け毛5つの対策!抜け毛早期回復のためのシャンプーや食べ物を紹介

Sponsored Link






髪の毛が抜けるのはわかっていても不安なものですね。

赤ちゃんを産んで少し慣れ始めた2~3ヶ月後頃から起こるのが抜け毛です。
産後,抜け毛,対策,シャンプー,食べ物,回復,早期
産後に初めていく美容院で「出産されたんですか?」
と言われることもあるくらい見る人が見たら分かる独特な産毛の生え方をするのも特徴です。


回復するのかな?


なんて思われているかもしれませんが大丈夫です。
ただし、回復までには約1年を要します。時間が掛かる様にも思えますが自然と落ち着いていくのですね。

もちろん回復には個人差もあります。

今回は回復を遅らせないために必要なケアと対策をみていきましょう。

Sponsored Link


産後の抜け毛5つの対策

抜け毛が起きるのは女性ホルモンのバランスの崩れが引き起こします。

この抜け毛の正式名称を“産後脱毛症”“分娩後脱毛症”といいます。

今は育児真っただ中で大変な時期かもしれませんができるだけ工夫していけることを5つ紹介します。

栄養バランスの良い食生活を

1つ目は、まずは食事が大切です。

赤ちゃんの食事の準備で自分の食事がおろそかになることもあるかもしれません。

しかし、しっかりと栄養を取らないと抜け毛の回復を遅らせるどころか白髪を増やすことにもなってしまい兼ねません。

産後の抜け毛回復に必要な栄養は以下の通りです。

  • ビタミン
  • タンパク質
  • ミネラル
  • その他にはカルシウムや葉酸(ビタミンB群)鉄分などがあります。

    これらが含まれる食材は積極的に摂取していきましょう。
    この中でもビタミン、タンパク質、ミネラルを特に意識しておきましょう。

    とはいえ、

    すべてを補うと考えることが自体がストレス

    になることもあるかもしれませんね。

    ストレスは抜け毛の回復を遅らせます。無理なく食事から栄養摂取をする中で、不足はサプリメントで補いましょう。

    サプリメントにも色々ありますが授乳中に摂取しても問題のない商品を選ぶといいですね。

    ビタミンB群

    ビタミンB群は育毛に必要な栄養素です。ビタミンBには8種類あり、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビオチンがあります。

    3つの役割

    その中でも重要なのはB2とB6です。
    具体的な役割としましては

  • ケラチンの合成
  • 髪の毛生産細胞の活性化
  • 頭皮の皮脂の分泌の調整

  • これらの3つの役割を果たしてくれます。

    ケラチン自体は髪の主成分でタンパク質ですが、髪の主成分であるケラチンの合成に欠かせないのがビタミンB2とB6なのです。

    どんな食材に含まれているのか

    ビタミンB2とB6が多く含まれている食材は次の通りです。

    ビタミンB2
    豚レバー・鶏レバー・牛レバー・うなぎ・牛乳

     →ビタミンB2は生活習慣病を予防に役立つ栄養素です。

    ビタミンB6

    かつお・まぐろ・牛レバー・さんま・バナナ

     →ビタミンB6は、皮膚、髪の毛、歯を健康にしてくれ成長を促してくれます。また、免疫機能を維持してくれ、女性特有のイライラや気分の落ち込みなどホルモンバランスの崩れからくる症状を緩和してくれます。

    その他のビタミンB群も大切な役割を果たしてくれます。

    タンパク質

    髪の毛の原料とも言われるのが“ケラチン”です。
    ケラチンの主成分はタンパク質でできています。

    どんな食材に含まれているのか

    良質なタンパク質を含有する食材は以下の通りです。

  • 肉(豚肉・牛肉・鶏肉・ハム・ソーセージ他)
  • 卵、魚(貝・いか・たこ・かに・えび他)
  • 大豆類(豆腐・納豆・生揚げ・大豆他)
  • 豆類や牛肉の赤身などには亜鉛が含まれています。育毛に必要な亜鉛も一緒に摂取できます。

    特に大豆のイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
    豆腐や納豆などは摂取もしやすいので毎日食べられると良いですね。

    また、きな粉も素晴らしい栄養素となります。明石家さんまさんは大のきな粉好きで有名ですが、たしかに頭髪がふさふさな印象ですね。

    ミネラル/亜鉛

    髪の毛を育てる働きをしてくれるのが亜鉛です。
    発毛と育毛促進効果があるすぐれた栄養素とされています。

    h6 どんな食材に含まれているのか
    ミネラルを含む食材は以下のとおりです。

  • カキ
  • 牛肉の赤身
  • レバー
  • 豆類
  • 足りない部分は無理をせずにサプリメントで補いましょう。

    サプリメントを準備しておく安心感を持った上で、普段の食事からの栄養の摂取を心がけると良いでしょう。

    食事を作ってくれるのが旦那さんや一緒にお住まいのどなたかなら良いですが、自分で作るとなると負担も大きいですよね。

    子供も自分も旦那もとなると大変です。

    無理をせずにサプリメントから食事に移行する位のつもりから始めましょう。

    良質な睡眠

    2つ目は良質な睡眠です。

    赤ちゃんの寝かしつけは大変ですよね。

    泣かせたあとも夜泣きをしたり寝返りを気にしたりと、

    まとまった睡眠が難しいことでしょう。


    こんな中での良質な睡眠の確保には工夫が必要です。

    短時間であっても睡眠の質を高めていきたいものです。

    例えば、

    • 寝る直前にはテレビを見ない。
    • スマホを見ながら眠りにつかない。
    • 寝室はきちんと電気を消して真っ暗な状態にする。
    • お昼には赤ちゃんと一緒に昼寝をして睡眠を確保する。

    これらの工夫も大切です。

    毎日のことになりますので早めにリズムを作ってきちんと休息を取るようにしていきましょう。

    Sponsored Link


    シャンプー時の頭皮マッサージ

    3つ目にはマッサージです。

    血行促進のためにもマッサージは効果的です。

    シャンプーの時に頭皮の改善に効果のある商品も沢山あります。

    ま、お気に入りの香りがありましたら好きな香りを選びましょう。

    よい香りに包まれて頭皮をマッサージしてあげることでよりリラックスしてマッサージができますね。

    頭皮専用シャンプー & お気に入りの芳香

    頭皮の血行が促進されることで育毛にも良い影響を与えます。

    お母さんの産後はお風呂も大変かもしれませんね。

    旦那さんに協力してもらいながらなるべく湯船にもきちんと浸かりましょう。

    “カラスの行水”ばかりでは折角のお風呂も楽しめません。

    湯船に浸かって体を芯から温めてリラックスしましょう。

    シャンプー時には頭皮のマッサージも入念に行いましょう。

    マッサージのコツ

    マッサージは指の腹で頭皮を優しく揉んであげましょう。

    シャンプーの時と湯船に浸かっている時にもおこないましょう。

    頭皮が凝り固まっている時には血流が悪くなりがちです。

    揉んで上げることで血液が頭をグングンと駆け巡るイメージを持って優しくマッサージをしてあげましょう。

    ゆっくりと頭皮全体を上下に動かしてあげてください。

    これを前横斜めと行いましょう。

    最初は動きにくいかもしれませんが、数回繰り返してあげると柔らかくなっていく感覚が分かると思います。頭蓋骨から頭皮を少しずらしてあげるイメージで優しく動かしてみてあげてください。

    “頭皮に血液が巡って栄養がすみずみまで行き届いてくれている!”

    こんなことを思いながら健康な髪の毛の土壌を作ってあげましょう。

    頭皮を頭蓋骨から剥がすようなイメージで優しく動かす
    ツボも沢山刺激できる

    頭皮には良いツボが沢山あります。

    頭頂部には百会(ひゃくえ)というツボがあります。

    この部分は万能のツボともいわれており、血行促進に良いだけでなくストレスも緩和してくれるツボです。こちらは両手で頭を包むようにして2本の指で押して上げましょう。

    気持ちいいですよ。

    指でのマッサージも良いですが、頭皮マッサージグッズなどを使用するのも良いですね。
    100円ショップにもありますし、ドラッグストアにもあります。

    もっと性能の良いものでしたら電動式のものもありますのでお試しください。

    様々な種類がありますね!

    ご友人や奥様や自分へのご褒美に。産後のお祝いにもとても喜ばれる一品ですね。

    ヘアスタイルのイメチェン

    4つ目はヘアスタイルのお洒落です。

    産後は新しいお洒落にも最適なタイミングです。

    イメチェンの機会にしてみませんか?

    ショートにする

    ヘアスタイルをショートにするだけで抜け毛は目立たなくなります。

    ただでさえ抜けていく髪の毛を見ているとショートにすることには抵抗があるかもしれませんね。

    しかし、髪の毛が短いとアレンジもしやすくなり目立ちにくくなるのです。

    お手軽シャンプー

    ショートにするとシャンプーも楽になります。

    洗う時間も短縮されますし、乾かす時間も短くて済みます。

    もちろん、先程も紹介しましたがマッサージもし易いですね。

    しかも、清潔に保ちやすいことから頭皮環境の改善にもつながるので良いことたくさんです。

    時短 & 頭皮環境の改善
    帽子でお洒落

    とはいえ髪の毛が抜けるとどうしても気になるもの。

    ショートにしろロングにしろ髪の毛が気になる人は帽子を被るようにしましょう。

    これまで帽子を被っていなかった方もイメチェンの機会にもなりますね。

    帽子に合わせた新しいファッションも楽しんじゃいましょう。

    ストレスへの取り組み

    5つ目は様々なストレスへの取り組みです。

    産後はこれまでの生活とはまた違う時間軸で生活することとなります。

    いつなん時も赤ちゃんは四六時中お母さんを欲しいままにしてきますよね。

    夜泣き・授乳・おむつ交換・寝かしつけなど

    お母さんは睡眠不足にもなりますし、食事もきちんと摂れずに栄養不足にも陥ります。

    ストレスも感じてイライラすることもあるでしょう。

    このストレスはイライラさせるばかりではなく、血行不良を引き起こしてしまいます。

    血行不良は抜け毛の回復を遅らせます。
    睡眠については質の良い睡眠のための工夫を併せてお読みください。

    相談をできる環境を

    ストレスは抱え込むものではありません。

    発散するものだと考えましょう。

    “ああストレス”と感じたら“発散をしよう”

    このようにワンセットで考える癖を持ちましょう。

    ストレスの発散の方法は人によって違いますが、産後のストレスの発散は特に周囲に相談することで和らげることができることが多いです。

    周囲に相談できる環境はありますか?

  • 旦那さん
  • ご両親
  • 友人
  • 産婦人科の先生、助産師
  • 地域の保健センター
  • 小児科
  • など、複数の相談できる環境を確保しておきましょう。

    産後の大変さを気遣えない旦那さんだとしたら、“産後はストレスがひどいもの”ということを伝えておきましょう。

    男性は身体自体の変化もありませんし、なかなか大変さに気づかないこともあります。

    気付いてもらう前にわからない相手には先に言ってしっかりと協力してもらいましょう。

    鏡を見るのもほどほどに

    自分の髪の毛が抜け落ちていくことは気持ちの良いものではありませんね。

    鏡で何度もみては心配や不安を抱えてストレスを抱える状況でしたら鏡をあまり見ないようにしましょう。

    女性の美しさは様々ありますが、産前産後の美しさは言葉に尽くしがたいものがありますね。

    すでに美しいことを前提として、鏡を見る回数を減らす、回数を決めるなどの具体的な対策を取るのもよいでしょう。

    見ても見なくても美しいですよ。

    まとめ

    産後は家族が一人増えます。

    そんな状況でお母さんは自分の体の変化もあり、心のさまざまな変化も引き起こります。
    産後の抜け毛がよりストレスを増長させないように工夫をしていきましょう。

    今回紹介した内容は難しいことではありません。


    毎日のことです。


    毎日のことだけに、周囲の協力が毎日の気持ちに与える影響は大きいものです。

    抜け毛は一年経てば回復していきます。

    そして、この一年の間のケアにより抜け毛の回復度合いも変わってきます。

    抜け毛に対する対策はお母さんの大変さの全てに共通してできる対策ばかりです。

    5つの対策がしっかりとできる環境作りをご家庭で築いていけると良いですね。


    どうかご自分を労(いたわ)ってあげてください。


    最後までお読み頂きありがとうございました。

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください