イライラの原因は甘い食べ物?機能性低血糖症などの病気の可能性も!

Sponsored Link






短気。

キレやすい。

イライラする。

イライラ,甘い物好き,機能性低血糖症,原因
集中力が出ない。

感情の起伏が激しい。

自分の理性とかそういう問題ではない気がする。

これらイライラや短気の原因に機能性低血糖症の可能性があることはご存知でしょうか。甘い物好きがも関係します。

本記事ではイライラやキレてしまいそうなメカニズムにつき紹介します。

Sponsored Link


キレるメカニズム

すぐにカットしてしまい、あとで反省してします。

自分でも少し変だと感じるくらいに感情のコントロールが効かない。

“キレる人が増えている”

成長期や思春期の子どもたちによく見られる“キレる”状態は最近では老人にも多く見られるようになってきています。

“キレる高齢者”など、そんな風に言われることも少なくありません。

この原因に糖が関係している可能性があるのです。

まずは、キレる原因といわれる機能性血統証のメカニズムを追ってみましょう。

インスリンの分泌

まず、食事によって血糖値が上がると、膵臓からインスリンが分泌されます。

このインスリンの働きは血糖値を下げるためです。

インスリンは膵臓から分泌されます。

例えば、精製白砂糖などは体内吸収が良いことでも知られています。

多量に砂糖を含む食品ばかりを食べていると体内の血中濃度はとても急激な上昇下降を繰り返すこととなってしまいます。

その結果どうなるでしょう。

膵臓はわずかな血糖値の上昇に過剰に反応することとなってしまいます。

その結果、必要以上のインスリンを過剰に分泌するようになってしまいます。

そうして常に低血糖値状態が続いた状態である機能性低血糖症となるのです。

これらを図解で確認してみましょう。

通常のインスリンの働き

食事をする
 ↓
血糖値が上がる
 ↓
膵臓からインスリンが分泌する
 ↓
血糖値が下がる

インスリン = 血糖値を下げる働き
異常なインスリンの分泌

砂糖を食す
 ↓
血中濃度の乱高下を繰り返す
 ↓
膵臓の判断が狂ってくる
 ↓
血糖値の僅かな上昇に対して膵臓が過剰のインスリンの分泌
 ↓
血糖値が下がり低血糖状態が続く
 ↓
機能性低血糖症となる

砂糖の摂りすぎは膵臓の判断を狂わせてしまうのですね。

“どうして糖を摂取しているのに機能性低血糖症になるの?”
の答えはこういうことなのですね。

血中濃度も砂糖の影響を受けて上がったり下がったりと大変です。

同じ甘いものにしても、精製白砂糖の様な体内吸収が良すぎるものの過剰摂取はなるべく避けたいものです。

低血糖状態になるとどうなるのか

では、血糖値が下がった状態である低血糖の状態になると何が起こるのでしょうか。

まず、低血糖状態になると脳の働きが低下してしまいます。

脳の働きの低下は以下の症状を引き起こします。

  • 眠い
  • だるい
  • やる気が出ない
  • あなたにも該当するものがあるのではないでしょうか。

    血糖値が下がっているわけですので、体は血糖値を上げよう上げようとします。

    副腎からアドレナリンというホルモンを分泌します。

    アドレナリンの役割は交感神経を刺激することです。
    交感神経が刺激されることにより、動悸やふるえやイライラが起こるのです。

    キレやすくなったり短気になったりするのもこの状態であることもあるのです。

    では、一旦まとめを見ておきましょう。

    血糖値の低下
     ↓
    低血糖状態
     ↓
    脳機能の低下
     ↓
    アドレナリンの分泌

    血糖値を上げる
    交感神経を刺激
     ↓
    動悸・ふるえ・イライラ
    などの興奮状態の喚起

    アドレナリン = 交感神経を刺激

    文字面ばかりですとあまりイメージがわかないかもしれませんね。

    しかし実は、このアドレナリン分泌による体調の変化は誰しもが経験していることなんです。

    例えば次のような経験はありませんでしょうか?

    “お腹(なか)がすいてイライラしてしまう”

    まさにこの状態こそが、空腹により血糖値が下がった体内の血糖値を上げようとしているアドレナリンの作用なのです。

    Sponsored Link


    精製白砂糖の危険

    “キレる”背景には精製白砂糖を食べて育っていることが考えられます。
    では、精製白砂糖とは一体何なのでしょうか?

    精製白砂糖とは

    イライラ,甘い物好き,機能性低血糖症,原因
    砂糖は本来の色は白ではないのはご存知でしょうか。

    最初は白ではありません。そこから精製過程を経て白くなります。

    精製過程では様々な薬品を使います。人工物であり食品添加物なのですね。人工物というのは要は自然では絶対に存在しない食品ということです。

    精製は化学物質で行われます。
    主には弱酸性である硫酸(劇薬)と強アルカリ性である苛性ソーダ(劇薬)により精製されます。

    何だか体にわるそうですよね。

    カルシウムを奪う

    精製白砂糖はこのような過程で酸性化した食品となります。そして、精製の過程において、ビタミンやミネラルなどを失った状態となっています。

    人体は弱アルカリ性です。そのため、酸性の食品を摂取すると中和が必要となります。

    この中和のためにはミネラルが使用されます。そして、この際に消費される栄養分はカルシウムです。

    白砂糖は酸性食品 ⇔ 人間は弱アルカリ性

    砂糖が人体に入ることで中和が必要

    中和の時にカルシウムを奪う。

    そして、このカルシウムは歯や骨から供給されていきます。
    昔から言われている言葉につぎの言葉がありますね。

    「甘いものばかり食べていると虫歯になるよ」

    とても的を射た言葉だった訳なのです。昔の方の経験からの知恵ですはすごいですね。

    数々のリスク

    他にも、ガンの誘発やビタミンB1欠乏症、肥満や心臓病などの多くのリスクが報告されています。

    いや、折角ですのでもう少しデメリットを挙げておきます。

    疲労、ヒステリー、関節の痛み、栄養失調、花粉症、ガン、高血圧、赤血球破壊、冷え症、アレルギーアトピー、脳卒中、免疫低下、婦人病、頭痛、ホルモン異常、アルツハイマー、リウマチ、情緒不安定、発達障害、骨粗鬆症、不眠、老化、風邪、関節の痛み、栄養失調、動脈硬化、白血球活動低下、花粉症、腎石、膀胱炎など

    心身ともに悪いというのが特徴ではないでしょうか。

    上記であなたに該当するものはありますか?

    これだけあげればどれかが当てはまりそうですが、原因がわからなかったりなかなか治らないなどありましたら砂糖を一度疑ってみてください

    本当に理由がわからなくて上記に該当する場合は砂糖の摂取を振り返ってみましょう。

    他にも、血糖値が高いと老けて見えるというデータもあります。

    世界保健機関(WHO)でも砂糖への取り組みがあります。健康被害のリスクを軽減するためにも砂糖入り飲料への課税を進めることを各国に訴えているのです。糖尿病や肥満の主要因として認識しているのですね。

    イライラだけではなく、他にも沢山のデメリットがあることがお分かり頂けたのではないでしょうか。

    では、次にこの精製白砂糖は私達の身の回りの何に多く含まれているのでしょうか。

    精製白砂糖が含まれる食品

  • インスタント食品
  • スナック菓子
  • ファストフード
  • 飲料
  • その他色々
  • 私達の身の回りは砂糖で溢れています。

    幼い頃からファストフードを食べて育ち、外食は当たり前ですし、コンビニに行けば簡単に様々な食品を揃えることができます。

    少し前の団塊の世代(1947~49)の頃から比較してみても相当多いのではないでしょうか。

    こうした食事が原因である食原性の低血糖症は成長過程の食生活の積み重ねから起こる病気なのです。

    まとめ

    機能性低血糖症は老若男女問わず見られます。

    大人の方で注意しておかなければならないのは子供の食事は当然のことです。

    その上で、今現在の病気に注目してみてください。

    特に、パニック障害やうつ病、心身症などの病にの方は機能性低血糖症が起因となっているかもしれません。

    過去に診断された方、今現在療養中の方は血糖値の検査を一度きちんとされてみることをオススメします。

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください