リワークプログラムの費用は?種類による期間や内容の違いとは?

Sponsored Link






“リワークプログラムって要は何なの?”

体調を崩して休職してリワークに行くように勧められた。

だけど一体何なのかよくわからない。

そんな方も多いのではないでしょうか?

復職プログラムというのだから良いのかもしれない。

でも、リワークプログラムに行くとその後には復職が必ず待っているのかもしれない。

今の段階では復職をするまでの自信はないし、実際にプレッシャーも感じる。

そんな不安を感じる方も多いのではないかと思います。
リワークプログラム,費用,内容,期間

よくわからないことに身を任せるのは不安にもなりますよね。

費用面もよくわからないし、行って何をするのか内容もピンとこない。

三者の合意とか聞いたけど、いらない場合もあるようだしよく分からない。

そんな疑問にお答えします。

知ってしまえば自分がこれから進むべき道も定まってきます。

選択するしないも全て自分でコントロールできるのです。

まずは、理解をして安心して今後のことを考えていきましょう。

Sponsored Link


リワークプログラムの種類と費用

リワークとは、うつ病などの精神疾患の方々が利用するリワークプログラムです。

最近、急に出てきた言葉に思えるけど一体何なのでしょうか。

厚労省の取り組み

こちらは厚生労働省の職場復帰支援(リワーク支援) となります。主な対象者は以下の通りです。

対象者

休職中の精神障害者の方と雇用する事業主の方となります。発達障害だけの方とはなりません。発達障害がある方でもうつ病などの診断名があれば対象の範囲内となります。

支援内容

支援の内容は、職場復帰のための調整をしてくれます。具体的には以下の取組となります。

  1. 職場でのストレス対処
  2. 作業遂行に必要な持続力・集中力の向上
  3. コミュニケーションスキルの向上等の支援
  4. 職場復帰受入の助言等
  5. 事業主に対する支援

リワークを受ける期間

基本的には3ヶ月となります。

しかし、民間でリワークを受ける場合は最大2年利用可能な機関もあります。

4種類のリワーク実施機関

リワークの実施機関は大きく分けると4種類に分けることができます。

  1. 各地域障害者職業センター
  2. 精神保健福祉センター
  3. 民間の精神科病院やクリニック
  4. 特定非営利活動法人NPOなどの民間法人

リワーク支援を行っている機関はこれらとなります。

運営機関

また、1.の各地域障害者職業センターの運営機関は各都道府県に1~2箇所必ず設置されていますのでお住いの地域でお探し下さい。一覧はこちらとなります。

主たる運営機関は独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構となります。その他の実施機関は方針に則ったサポートしていることとなります。

障害者手帳をお持ちで無い方も沢山いるでしょう。そのような方は障害者職業センターに問い合わせをすることに少し抵抗があるかもしれませんね。

しかし、障害者だけが利用する場所ではありません。

ここは気にすることなく、まずはお気軽に電話などをしてみるとよいでしょう。自分に有益だと判断できれば利用すればよいのです。いずれ名称も利用者に添ったものへと変化していくことでしょう。

事前にアポを取っておけば時間をとって直接説明を受けることができます。

各都道府県の詳細に関してはこちらのURLからご確認下さい。

次に、費用は行く機関で変わってきます。基本的には無料なのですが行く機関や収入や職業によって変わってきます。

Sponsored Link


費用の違い

・実施機関による違い
公共(独立行政法人や市)
医療機関
民間

先程の運営期間を分類するとこの3種類となります。

費用に関しては雇用保険から支払われますので本人は利用料を支払う必要はありません。

年収による違い

年収によって違ってきます。これは民間の場合となります。

リワークを受ける期間や回数による違い

 

 

違いのまとめ


・種類
公共と医療機関の
公務員 民間しかない

まとめ

リワークを受けるか受けないか迷われる場合があるかと思います。

それは、産業医の勧めがあってもあなた自身が復帰に対する意欲が無いからかもしれませんね。

しかし、今は不安な気持ちがあっても

 

工事中

Sponsored Link



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください