泣く女性は嫌い?かわいいかうざいか男性心理の本音と女の涙を解説!

Sponsored Link






「女の涙に男は弱い」
なんて言いますよね。

この言葉は小さな差はあっても世界各国共通の様で昔から言われていた言葉の様です。

確かに女性に泣かれると男は困ります。

戸惑いもしますね。

しかし、これは女性が泣いている事実に戸惑っているとしても、その女性に対する思いはまた別の様です。

男性は泣く女性にどのような思いなのでしょうか?

かわいいと思うのでしょうか?うざい感じるのでしょうか?

はたまた嫌いなのでしょうか。

同じ泣くにしても男性に嫌われたくはないですよね。

男性の心理を解説しました。

Sponsored Link


泣く女を男性は嫌いなのかうざいのかを解説

泣く女性
映画「君の名は」のようなクライヤーは感動的でいいですよね。

あの様な涙には誰もうざいとは感じないでしょう。

泣く女性といってもシチュエーションにより違ってきます。

どのようなシチュエーションがあるでしょうか?

シチュエーション別

  • 冠婚葬祭
  • 家庭
  • 職場や学校
  • プライベート
  • 公(おおやけ)の場なのかある程度の閉鎖性のある場所なのかなどそれぞれ分かれますね。

    また、涙の種類にも様々ですね。

    涙の種類

  • 悲しい
  • 悔しい
  • 怒り
  • 嬉しい
  • 感動
  • 喜び
  • 演出


  • 他にも分類すれば3000種類位はあるとも言われます。
    感情の種類の数だけ涙の種類もあるのですね。

    男性が女性の涙で嫌いなものは、以下の通りです。
    必ずしも女性が泣くこと自体が嫌いな訳ではありません。

    職場で泣く女性

    例えば職場でよく泣く女性がいますね?

    彼女はなぜ泣いているのでしょうか?

  • 自分の思い通りにならない。
  • 自分の思いが理解してもらえない。
  • 結局、悔しい。
  • この様なことも多いようですね。

    自分では理由もわからず泣いている場合もありますが、その涙も結局は「わかってもらえない」ことに対する潜在的な他社批判の涙といったことが多いようです。

    理由はともあれコレを見た男性はまず、次のように思います。

    「なぜ泣いているのだろう?」

    このような疑問と興味の心は当然の人間の心理として出てきます。

    そして、その次の感情は次のようになります。

  • めんどくさいヤツ
  • 職場で泣くなよ
  • 泣くくらいなら帰れ
  • ズルいやつだ
  • 鬱陶(うっとう)しい
  • 人前でわざわざ泣くなよ
  • 公私混同も甚(はなは)だしい


  • こうした思いが多いのが現状の様です。

    もちろん、パワハラやセクハラで泣く分には大いにねいて周囲に気付いてもらうことも良いでしょう。

    しかし、「面倒くさいやつ」と思われていることに違いがありません。

    男性が無く女性を嫌いなわけ

    泣く女性
    公の場で泣かれると男性は困ります。

    周囲の目が気になるためです。迷惑な話ですね。

    公の場で泣かれれるのは演出であるのかとさえも思います。それがさくい不作為は関係ありません。

    「泣いている私を見て下さい。みなさん」

    真相はどうであれ、誰かの前で泣いている女性を見れば眼の前にいる男性が泣かせた様に映ってしまいますよね。その映像は事実となります。



    A(男性)の前でB(女性)が泣いていた。

    既成事実の完成です。

    周囲はこんなことを考える場合もあります。


  • 痴情(ちじょう)のもつれじゃねえの?
  • あいつらできているのではないのか?
  • 男性がひどい言い方をしたのではないのか?
  • 女性を上手に扱えない男だな。
  • 女性の部下は彼には荷が重いな。
  • 女性を敵に回すような男なのではないだろうか。
  • 昇進はもう少し後だな。
  • あーあ、泣かしちゃってるよ。



  • 職場の男からも女からもその様に思われる可能性は十分にあります。

    目の前で泣かれている当事者の周囲には次の様な状態が出来上がります。

    「何もいえねえ」

    また、人が泣いている場面を見ると、その世界は非日常ですから印象に残ります。
    茶菓子を食べながらのうわさ話にも持って来いのネタになりますね。

    周囲は本当はこう思っています。

    あの女性は
    「泣いて許されると思っている」
    「泣けば解決すると思ってやがる」

    心での思いには「うざい!」があっても、映像の事実の方が強いんですね。

    心の思いは言葉にできませんから。

    特に女性が泣いている場面で「うざいんだよ!」などの言葉を発することはできませんから共有ができないのですね。

    そのため、周囲で共有している事実である「女性が泣いている」「泣かされている?」ことの映像が残像の様に記憶に残ってしまうのです。

    これはその後もイメージとして確実に残ります。

    ですので、後々何かあった時には「男の前で泣いていた」と「泣いていた事実」だけが独り歩きすることだってあるのです。

    男性の前で女性に泣かれることには男性にとってメリットは無いですよね。

    Sponsored Link


    女性が一人で泣いている場合

    女性が一人で泣いている場合もありますね。

    これはまた違った意味を持つ場合もありますがそんなに変わりません。

    誰かの前で泣くよりは周囲からの悪印象は少ないでしょう。

    ただ、「人前で泣くな」の心理は働きますからこれは同じでしょう。

    泣く女性を見て男性がかわいいと感じる心理を解説?

    ただし、次の様な感情も男性には湧く場合もあります。


  • 「かわいい」
  • 「相談にのってあげたい」
  • 「僕がまもってあげたい」



  • これらはある程度の好意のある女性に対してです。あわよくばチャンス!かもしれないと感じている場合もありますし、下心がある場合もあります。

    泣いているからといってイコール弱い訳では無いのですが、錯覚を起こすこともあります。

  • 泣いている=弱い
  • と映ってしまうのです

    普段からどうでも良い女性にはこの様な感情は湧きにくいでしょう。

    男性の好きな女性が泣く姿

    泣く女性
    女性が泣くことで男性が好意を寄せる場合もあります。

    それは、感動の涙や他者を思って流す涙です。悲しみの種類にもよりますが悲しみで流す涙もそうです。

    そんな時には男性はそっと抱きしめてくれるかもしれませんね。
    守ってあげたい。僕に出来ることはなんだろうと思うでしょう。

    「優しい子だな」
    「心のピュアな女性だな」
    「守ってあげたい」

    普通の男なら人間としての感情としてこの様な心理になります。

    泣きたい時には泣けばよいでしょう。

    しかし、流す涙の種類やシチュエーションによって男性が女性に持つ印象も大きく異なるのです。

    泣く女性への男性心理のまとめ

    女性には女性の事情や体質の違いもあります。

    更年期や女性特有の体調の変化や脳領域の違いもありますね。

    泣いても良いと思います。

    しかし、少しだけ場所を変えてみたりすることで感じ取られる印象も変わってくるのではないでしょうか。

    泣くこと自体はストレスの解消にもなりますし、感情を整理するのにも役立ちます。
    泣くことでストレス解消できる泣き方の簡単な実践に詳しく書いていますので併せてお読み下さい。

    女性の涙は美しい涙にもうざい涙にもなります。

    だからこそ、泣くことについて少し考えてみてはいかがでしょうか?

    ただ、やはり、女性が泣くことで男性はタジタジになりますね。
    男性がなんと感じていても言葉には出しませんし、「女性が泣いた」既成事実ができますから女の涙は最強の武器なのかもしれませんね。

    女性が泣くことへの男性の女性への思い


  • めんどくさいヤツ
  • 職場で泣くなよ
  • 泣くくらいなら帰れ
  • ズルいやつだ
  • 鬱陶(うっとう)しい
  • 人前でわざわざ泣くなよ
  • 公私混同も甚(はなは)だしい


  • 女性が男性の前で泣くことへの事実への思い


  • 痴情(ちじょう)のもつれじゃねえの?
  • あいつらできているのではないのか?
  • 男性がひどい言い方をしたのではないのか?
  • 女性を上手に扱えない男だな。
  • 女性の部下は彼には荷が重いな。
  • 女性を敵に回すような男なのではないだろうか。
  • 昇進はもう少し後だな。
  • あーあ、泣かしちゃってるよ。



  • 最後までお読み頂きありがとうございました。

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください