節分の豆まきで窒息事故も!3歳幼児には危険な死のリスク?対処法も

豆まき



節分の季節には豆まきですね。

お面をかぶってみんなで騒いで、その後は豆を食べたりと楽しい時間を過ごす方も多いのではないでしょうか。

そんな楽しい豆まきですが、一連のなかに危険が潜んでいるのです。

消費者庁の発表で次の様にありました。

「節分の豆、3歳まで食べさせないで」

3歳までは豆まきの豆を食べることが危険なのです。

場合によっては命の危険性もあります。

では、3歳児までの幼児が豆を食べることでどの様なリスクがあるのかを見ておきましょう。

Sponsored Link


「節分の豆まきで窒息事故も!3歳幼児には危険な死のリスク?対処法も」の続きを読む…


小学校入学前にやっておくことは?ひらがなの勉強や準備するべき8つのこと!



「早いものでもうすぐ小学生になるうちの子供。」

「気が付けばいつの間にか年長さんになって4月には小学生になる。」

例えば、ランドセルは既に買ったけど他の準備はまだ準備できていなかったり、勉強をさせておきたいけれど、どの程度させてあげたら良いのか分からないなんてこともありますよね。

ひらがなの勉強は小学生からでも大丈夫だって聞いたけど本当だろうか?などと、心配をすればきりがないのが子供のことですね。

「でも、大丈夫です。」

そんな疑問にお答えしていきます。

実はこの様な悩みは小学校に入った後に気付くことが多いのです。

実際の小学生のお子さんを持つお母さんは色々な経験をされています。

そんな先輩ママやパパたちの生(なま)の意見を聞いておけば安心ですね。

小学校入学後に気付いた、“やってよかったことややればよかったこと”をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

できる範囲での準備をして小学校入学前にやっておくことを整理してみましょう。

Sponsored Link


「小学校入学前にやっておくことは?ひらがなの勉強や準備するべき8つのこと!」の続きを読む…


離乳食期の塩分量の目安と基準!腎臓や体にリスクがないのはいつから?



やっと歯が生え始めた赤ちゃん。

このころになると、どろどろの食べ物ばかりでなく、
徐々に離乳食を与えるようになってきて、
赤ちゃんの好き嫌いなども強くなってきます。

「味付けが濃いのが好きみたいで濃い味のごはんはよく食べるのよね~。」

って、ちょっと待ってください!
離乳食,塩,量,塩分,基準,目安,いつから,腎臓
いくら赤ちゃんがごはんを食べてくれるからといっても、
過剰に塩分を使うと腎臓や体にもハイリスクです!

大人と違って赤ちゃんはまだ味覚が発達していません。

今、楽をして濃い味つけの食事を与えてしまうと、
後々困ったことになることも・・・!

では、離乳食に含める塩分量は、
いったいどれくらいがベストなのでしょうか。

塩分に頼らずに赤ちゃんがごはんをぱくぱく
食べてくれるためにはどうすればよいのでしょうか。

と、いうことで今回は、赤ちゃんの離乳食に含めるべき、
適切な塩分量の目安や基準についてまとめました。

Sponsored Link


「離乳食期の塩分量の目安と基準!腎臓や体にリスクがないのはいつから?」の続きを読む…