年金手帳の履歴印字は再発行で消せる!履歴書の記入も安心の解決方法

Sponsored Link






何度も転職しているのは悪いことではありません。

同じアジアでも例えばタイなどでは転職歴が多いほうが経験値が高いとみなされて評価も高くなります。

タイでは、同じ会社に永く勤めることをあえて放棄して、転職を選ぶことも少なくないのです。給料もアップするのが普通の認識のようです。タイに支所がある友人から聞きましたが、国が違えば考え方も違うのですね。

日本では転職歴が多いのは損なことが多い様に感じます。

転職にも、キャリアに一貫性があれば良い気もしますが、実際は永く勤めるにしても希望の部署と配属部署が違うこともよくあることです。

キャリアに一貫性があるかどうかを、単に一つの会社に永く在籍していることだけで判断するのは難しいことなのかもしれません。

履歴書をどう書くのかはご本人の自由ですが、自分が書いた経歴の内容で自分の首を締めることがなければ選択肢として様々な考え方があってもよいのではないかと思います。

この会社と次の会社の間には一ヶ月のバイト期間があるとかないとか、書きたい人は書けばよいのではないでしょうか。

ただし、学歴の詐称や資格の嘘などは愚かです。

今回は、転職時などに年金手帳の履歴が気になる方のためにスッキリ解決できる方法を紹介します。

新しい自分の履歴をこれから新しい気持ちで進んでいきましょう。

清新な息吹で職場に貢献して気持ちよく働きましょう。

Sponsored Link


年金手帳の履歴を消す方法!

新しい出発をするために、色々と考えて悩んで行きたい会社や内定が欲しい会社に応募しますよね。

でも、応募の段階ですでに勝てない時もあります。

履歴書の過去の記述が本質を映すようで映さないことがあるからです。

平たくいうと履歴書が汚く見えるからですね。

こんな時に履歴書をきれいに見える工夫をしたことがある人もいるでしょう。

でも、、、。

年金手帳を見てみてください。

年金の加入履歴が沢山あって、時々国民年金に加入していたりしてなんてこともあるかと思います。

自分でも忘れていたことも、手帳にはしっかりと記されているのです。

「あの時は大変な時だったなあ。でもよく踏ん張ったよ。。」

厚生年金とのサンドイッチになっている国民年金加入時期を見て色々な思いが蘇る人もいるかもしれませんね。

気持ちはわかりますが、そんな感傷は一旦置いておきましょう。

年金手帳の加入履歴と履歴書の内容のつじつまが合わない。

そんなこともあるでしょう。

実は、過去の年金の加入履歴をあえて人に知らせる必要はないのですね。

履歴を見せる必要は無いのです。

そうです。

履歴は消せるのです。

次に行く会社に、全部の履歴を見せる必要はないのです。

Sponsored Link


年金手帳の履歴を消す2つの事例

消すというと、「消す」みたいですが、自然発生的に消えることもあるのです。

その経緯について紹介しておきましょう。

自然発生的に消えたその後が大切です。その点も紹介しますのでお読みくださいね。

事例1 年金手帳がなくなっちゃった!

手帳がなくなることってあるんです。

会社が返すのを忘れたなんてこともありますし、引っ越しや片付けで紛失したなんてこともあります。

物ですから紛失してしまうこともありますよね。

あなたの年金手帳は手元にありますか?

会社が保管しているかもしれませんね。

年金手帳はココ!!ってすぐに分かる人ってしっかりされていますね。

事例2 年金手帳が汚れたり傷んで使い物にならない!

コーヒーこぼしちゃった。

醤油をこぼしちゃった。

気付いたら子供が落書きしていた。破っていたなんてこともありますよね。

汚くなった手帳は手元に置いておきたくないかもしれません。

これらの様に紛失したり、汚しちゃったり、破れたりした際には再発行をしましょう。

この時に年金の基礎番号だけはどこかに控えておけると良いですね。

汚れた場合は番号の確認ができますが、紛失したら番号がわからなくなりますので控えておきましょう。

わからなくても身分証明書があれば問題ありませんので、そんなに心配する必要はありません。

年金の再発行を!その際のポイントと注意点!

年金手帳の再発行はお近くの年金事務所で行なえます。

窓口に行きましたら、再発行をしたい旨を伝えましょう。

そして、次が大事です。

これまでの履歴が必要な方は、何も言わなければそのまま印字されます。

でも、履歴や過去なんていらない人もいますよね。いりませんよね!?

「過去なんか振り返らないさ。」

「手帳もまっさらで、ゼロから新しい自分の出発だ!」

そんな未来だけを見据えて進もうと思っている潔い方たちは、次の言葉を唱えましょう。

「履歴はいりません。」

すると数分から数十分後には、まっさらの手帳を手にすることができます。

これで気持ちよく新しい出発をすることができます。

ちなみに手帳を紛失して見つかった時には年金事務所に行って返すといいです。

Sponsored Link


 

まとめ

新しく出発をする時に、過去が汚く映ったりすることもあります。

決して汚れた過去なんてない訳ですが、そういう見方が当然の様な社会や常識があるために損をする人もいますよね。

学歴詐称のような犯罪行為は絶対にしてはいけません。

その上で、履歴書は自分のやってきたことが相手にきちんと伝われば目的は果たせます。

面接まで行けたら、自分を生で見てもらえます。そして、自分も生で相手や会社を見ることができます。

面接までいくチャンスがあるのか無いのかって重要ですよね。

新しい出発の参考になれば幸いです。

入社する前から細かすぎる会社はこちらから願い下げても良いのではないでしょうか?

面接で雰囲気を感じて、

「行きたい」

「ここで働きたい」

こんな気持ちになれる会社に行けるといいですね。

そのためにも、まずは書類選考を通過して、面接の場を獲得することを大切にしてみましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください