営業から独立起業や自営業をして失敗する前に考えるべきリスクと働き方の提案

Sponsored Link






会社勤めで営業職をしていて、独立や自営業や転職を考えている方も多いのではないでしょうか。

その理由は様々にあるでしょう。

業績を上げていても評価されない。

営業自体は好きだけど会社組織がストレスで仕方ない。

会社でのパフォーマンスを自営業でやっていけば見返りも多いし自由にできるかもしれないと考える。

体調を壊して本調子ではないため会社勤めが現在苦しい。

他にも様な理由があるかもしれませんね。

人には言えない事情を抱えている方も少なくないでしょう。

今回の記事では、サラリーマンで営業職をしているあなたが自営業や起業に走る前にオススメのできる営業スタイルについて紹介したいと思います。

結論を言っておきますと、サラリーマンでありながら、まるで社長の様な働き方のできる営業スタイルです。

そんな職があるのか。

また、そのメリットはどれだけありがたいことなのか。

これらについて紹介していきます。

このような働き方を知らないと、骨の髄までどっぷりとサラリーマンである自覚のない人が自営業や独立、起業をすることはリスクしかないのです。

まずはそのリスクを挙げてみましょう。

Sponsored Link


営業から独立起業や自営業をするリスク

冒頭で紹介した、独立起業や自営業を考える理由には前向きなものばかりではありませんでした。

失敗なんか恐れずに起業できる力がある方は成功の方法だけを考えていけばよいかと思います。

しかし、起業や自営業などを考えずにサラリーマンになって、結局、起業や自営業にたどり着いた方は少し考えた方が良いかと思います。

特に計画性があったわけでもなく、サラリーマンよりはましでは?と考えていて独立を考えることは本当にリスクが多いのです。

リスクを挙げてみますが、どれも当たり前のことばかりかもしれません。

しかし、結局は破滅を招くきっかけはこんなことなのです。

営業マンから独立する時に直面するリスク

思いついた順に挙げていきたいと思います。

優先度が高い低いには関係はありません。

自己管理ができるのか?

まず、サラリーマンは定時に会社に行って仕事が終われば帰ってきます。

自分でやるとなると大変です。

自己管理は本当にできるのでしょうか?

毎日、会社にいかなくてもよくなるのです。

誰も注意したり、叱ってくれなんかしません。

毎朝、決まった時間に起きて、毎日、必要なタスクをこなすことができるでしょうか?

その前に、今日やるべきことややることは決まっていますか?

そんな全てを自分で決定して実行する生活を社会人になって一度でもしたことがあるかどうかを振り返ってみましょう。

案外、できない人が多いのです。

自己管理ができるのか?


会社員の福利厚生の恩恵を本当に理解しているか?

次に、福利厚生に助けられていたことは知っていると思いますが、これから全て倍近くの社会保険を支払う準備はできているでしょうか?

また、国民年金も支払いますが、サラリーマン時代の半分にも満たないリターンしか無いことを知っているかもしれませんが、数十年後の準備や覚悟はできていますでしょうか?

独立するのであれば、単純に1000万円程度の年収がないと苦しいでしょう。

会社員の福利厚生の恩恵を本当に理解しているか?


営業に必要なものに掛かる費用がかなり高額なことの確認は?

次に、携帯電話や車やパソコン等、かなりの費用が掛かりますがその準備はできていますでしょうか?

FAXやプリンターにもお金が掛かります。

全てが自費になってくるのは当然ですね。

いくらになるか計算はしていますでしょうか?車の燃費は大丈夫でしょうか?

携帯はかけ放題にプラン変更が必要だったりしませんか?

営業に必要なものに掛かる費用がかなり高額なことの確認は?


キャッシュカードの一月の使用限度額は?

次に、カードの一月のキャッシュ枠はいくらまででしょうか?

200万円程度の枠は持っていますでしょうか?

50万円なんてことはありませんか?もしそうなら、ちょっとした仕入れもできないかもしれませんね。

キャッシュカードの一月の使用限度額は?

ローンなどの返済に問題はないか?
資金はある程度備わっているのか?
何年回せるのか?

次に、住宅ローンを始めとした各種ローンなどは大丈夫でしょうか?

返済計画に問題なければ良いでしょう。

少なくとも三年程度、貯蓄だけで補えるならまだ良いのかもしれません。

しかし、学資保険や所有株などをいざという時の資金に充てようと今から考えていることは危険かもしれません。

全部で資産はいくらありますか?利益が出ない時間をどのくらい過ごすことができますか?

ローンなどの返済に問題はないか?
資金はある程度備わっているのか?
何年回せるのか?


世間体とかだけでなく、会社員ではない自分をきちんと肯定できる自分と周囲の環境はできているか?

次に、ご近所の目は気にならない性格でしょうか?

いつも家にいても平気でしょうか?まずは自分が平気でしょうか?

家族は平気でしょうか?自営に誇りを持てるだけの経験や準備はすでにしていますか?

会社生活で自意識が過剰だったり神経質だった場合は、最悪、家から出ることができなくなることもあります。

会社でのストレスが嫌で自営や起業に考えが傾いた方は、サラリーマンをやめることで、より一層のストレスを感じることになるかもしれませんよ。

世間体とかだけでなく、会社員ではない自分をきちんと肯定できる自分と周囲の環境はできているか?


お金で買えば成功すると安易に考えていないか落ち着いて考えてみましょう。

次に、ネットビジネスをはじめ、起業の情報は巷に溢れていますが、本当に成功している人がいかに少ないか知っていますか?

また、数千万円の利益を出している人がいくらの税金を支払い、何年生き続けられるか考えましたか?

特にネットビジネスの世界は次々に新しいものが出てきますし、永く成功しようとしている人は結局情報弱者を獲物にしているのがお決まりです。

成功体験に群がるのは良いですが、それが手法だと知った上での覚悟はすでにお持ちでしょうか?

リアルでもフランチャイズをはじめ色々なビジネスがありますね。商材屋などに開店資金を払えば成功すると勘違いしていないかもう一度、冷静になって考えてみましょう。

開店資金が50万円!

これって安いですか?高いですか?

成功率から考えても全く安くはないですね。

本当に50万円を支払わなければそのノウハウは手に入りませんか?

ネットに転がっていませんか?その情報。

ちなみにわたしも、仕事の片手間で集客して廃車の相談に乗っていましたが、全ての手続きはネットの情報だけでやっていました。結構、すぐに自分でできる役に立つ情報が多いですよ。

自分で調べて実践してみるのが億劫で恐いのでしたら、一度、自分の依存傾向を見直してみる必要があるのかもしれませんね。

通常、お金を出せば豆腐は買えますね。

しかし、成功は買えません。

この事実はなかなか理解されていないことも多いのです。

お金で買えば成功すると安易に考えていないか落ち着いて考えてみましょう。


クレジットカードのありがたみは知っていますか?

他にも、信用です。

社会的信用って言葉なんて好きではありません。

しかし、本屋でカードを作ってくださいと依頼され、申込みをすると断られる侘しさの準備はできていますか?

会社員しかしていないとなかなかできない経験かもしれませんね。

会社では下っ端でもゴールドカードが作れた人も少なくないでしょう。

それは、会社の信用があったからです。

クレジットカードの意味を忘れてはいませんか?

いくら働いて利益を出しても単年や数年ではクレジットは築けません。

クレジットカードのありがたみは知っていますか?


その他には、給料や賞与が出ないのはもちろんのことですし、定休日が無いのも当たり前のことですね。有給だってありません。

旅行補助や旅費規定や日当などもないのは当然です。



◆まとめ◆

  • 自己管理ができるのか?
  • 会社員の福利厚生の恩恵を本当に理解しているか?
  • 営業に必要なものに掛かる費用がかなり高額なことの確認は?
  • キャッシュカードの一月の使用限度額は?
  • ローンなどの返済に問題はないか?
  • 資金はある程度備わっているのか?
    何年回せるのか?

  • 世間体とかだけでなく、会社員ではない自分をきちんと肯定できる自分と周囲の環境はできているか?
  • お金で買えば成功すると安易に考えていないか落ち着いて考えてみましょう。
  • クレジットカードのありがたみは知っていますか?



  • 他にもリスクは沢山ありますが、この辺にしておきましょう。

    その上で、営業が起業を考える前に一度考えてみておいて損は無いことを紹介します。

    Sponsored Link


    こんな営業なら良いのではないですか?

    独立や自営業の前に考えておいてもらいたいことがあります。

    営業をしていたけど、独立して自営業を始めたいと考えている方の多くには次の事での不満や不自由さはありませんか?

  • 会社勤めが色々と面倒くさい
  • 日報各種の報告が多すぎる
  • 完全に管理されていることが我慢できない
  • 承認申請が煩わしい上に無駄が多い
  • 結果が同じならもう少しシンプルにいきたい
  • 会議が多すぎる
  • 内勤を営業以外からはサボりと思われてしまうのがうざい
  • 上司のパワハラに耐えることが仕事だとは思わない
  • ストレスを受けることで稼ぎを得ていると考えたくない
  • 社内営業をするのが嫌


  • 色々と事情はあるかとも思いますし、不満も人それぞれでしょう。

    ただし、上記のような理由が、転身に大きく関係しているかもしれないのであれば、一度、次の働き方を考えてみてください。

    そして、すぐに検索してもらえればと思います。

    直行直帰型の営業スタイルは試しましたか?

    それは、完全直行直帰型の営業スタイルです。

    上記の全てをクリアすることもあるでしょう。

    または、半減するかもしれません。

    給料が変わらない、もしくは上がるのであればなおのこと良いのではないでしょうか。

    実は、少子化など様々な時代の影響もあり、スリム化を図っている企業も多くなってきています。

    各地に支店を設けて販売していくよりも、個人宅を支店や拠点にして利益を分け合おうとする体制も多くなってきているのです。

    外資系の企業では多いですね。

    担当地区を決めて落下傘的に営業マンを配置するのです。

    経理や技術や仕入れ、発注納品などの昨日は全て中央に集中させます。

    営業マンは営業に集中するだけで良いのです。

    本部に営業以外の昨日を集中させることにより、各分野でのスペシャリストも生まれ易くなるのです。

    スカイプやチャットなどは普通のことですから遠隔地での会議も可能ですし、毎週会議ということもなくなります。

    営業を管理してやっている。

    情報を共有している。

    その気になって、営業マンのやる気を阻害している上司や管理者が多いのは事実です。

    無能なトップの特徴は、結果が出な時には更に追い打ちをかけるかの様に管理をするのです。

    自分の無能をさておいて、営業を管理する。

    今ではGPSでの管理なんてのは当たり前ですね。

    顧客訪問直後に日報を更新させるなんてこともザラです。

    そんな働き方をしたいから営業マンをやっているのでしょうか?

    ここ近年の営業マンは何の疑問も持たいない方もいるかもしれませんね。

    それならそれで、現状を向上させていけば良いですね。

    しかし、数字を挙げていればある程度の自由が効くことに魅力を覚えて営業職を選んだ方は少なくないでしょう。

  • 数字を達成させることが楽しい。
  • 営業結果を出せば、ある程度自由に動けることが好きだ。
  • 単純に顧客に対して誠実に役立つ提案をすることが好きだ。
  • 車での営業も好きで出張も楽しんで行える。
  • 残業の管理ができなくて日常計画が残業任意で立てられない。
  • 内勤より渉外業務が性にあっている。
  • 僕の血には遊牧民の血が混ざっていて濃い。
  • 自由裁量を大きくしてくれる人には結果で応えたい。


  • こんな方々には直行直帰型の営業スタイルは向いているでしょう。

    改めて考えてみましょう。

    独立をなぜしたかったのか。

    また、自営業に何を求めていたのか。

    会社員をなぜ去りたかったのか。

    考えをまとめてみますと結構シンプルに会社での営業が嫌だったり合わなかっただけだったりするのです。

    そして、実は、独立や自営に求める部分の多くが、直行直帰型の営業スタイルに備わっている可能性があるのです。

    すこし説明を加えます。

    それには、直行直帰型を許す会社の思想が関係してきます。

    Sponsored Link


     

    直行直帰の営業スタイルを許す会社の性格

    直行直帰を求める会社の人材への条件には次のものがあるでしょう。

  • 基本的に営業マンを信じている
  • 営業力が経営に大きく寄与する
  • 実績がある人を求めている
  • 即戦力(あるいは近い将来のとなり得る人)を求めている
  • 自己管理ができる人を求める
  • にゃんにゃん皆でいることが好きな人は求めない
  • 数字の責任を求める
  • 利益を上げてくれるとそれで良い
  • 自由裁量を与える
  • 報酬は結構良かったりする
  • クソ面倒なことに重きを置かない
  • こんな感じでしょうか。

    営業を大切にする会社か、営業を小間使いにする会社かはよく見ておきましょう。

    営業マンを使い捨てに考えている会社は最悪です。

    「完全直行直帰で給料も家計をきちんと回せるだけあって、自由度も高く、福利厚生もバッチシでこれまでと変わらない安定的な生活が確保できる。」

    先述した独立のリスクの殆どが補えていませんか?

    独立に求めていたものがほとんど備わっていませんか?

    家族サービスも自分の計画通りに行えます。

    もしかすると、大変な時には仕事が午前様になることもあるかもしれませんね。

    しかし、やる時にはやる!と自分の計画で自分で実行することができます。周囲が仕事をやっているから帰宅することができないのとは大違いです。

    やった分は数字として返ってきます。

    あってないような就業時間外の労働時間は他の時間で休みに充てれば良いでしょう。

    まとめ

    もし今、独立や自営業を考えていて、それが上述の理由でしたら一度直行直帰型の営業も考えてみてはいかがでしょうか?

    家族がいればなおさらです。

    住宅ローンがあればなおさらです。

    営業職のスタイルを変える工夫をするだけで、自分の不満や満たされないことがクリアできるのであれば、まだまだ会社員として営業マンをやっていけるのかもしれません。

    独立や起業に対して夢をみるのも良いでしょう。

    しかし、潤沢な資金があればのお話ではないでしょうか?

    直行直帰の営業スタイルが可能になれば、通勤時間がなくなって、2~3時間のゆとりが生まれるかもしれませんね。

    少し早く起きて一日の3~4時間を本業とは違った別の事業に充てて力を磨くこともできるでしょう。

    そこから収益が出るとなお良いですね。

    その時には、会社通いの時とはまた違った発想や方法で事業を拡大することができるかもしれません。

    自己管理ができる自分をすでに獲得していることができているかもしれませんよ。


  • リスクをもう一度確認してみましょう。
  • 今の会社生活での福利厚生を始めとする恩恵をきちんと整理してまとめてみましょう。
  • 会社員としての営業マンの不満をまとめてみましょう。
  • 直行直帰型の営業の求人を探してみましょう。
  • 家族について、残りの人生の時間について考えてみましょう。

  • 嫌なことの連続で疲弊している人もいるかもしれません。

    会社を休んで色々と考えている人もいるかもしれません。

    冷静な判断がつかないほどに追い詰められている人もいることでしょう。

    忍耐の2字で乗り越えることができるし乗り越えたい人もいるかもしれません。

    同じ営業であっても、内容は同じであっても、働く場所が変わるだけで大きな変化をつかむことができることがあります。

    今一度、ふんわりとでも、片手間ででも調べてみてもらえればと思います。

    わたしの経験を元に書いてみました。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    転職についてはこちらに詳しく書きました。後悔しない転職をするには?戻りたいと思わないためのポイントはコレ!お読みください。

    Sponsored Link



    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください