男性のすね毛を簡単に薄くする方法とは?剛毛を薄く見せてさわやかな足に!

Sponsored Link






すね毛って気になりますよね。

かく言う私も剛毛です。

太くて長くて、その上密度も半端ありません。

さらには、シャワーをかけると毛並みが揃ってしまうおかげで、網タイツを履いているかのように見えてしまいます。

水分を含むと余計に濃く見えるんです。ですから、ハーフパンツですねを露出したり、健康的に素足を魅せるなんてことにはとても抵抗があります。

そして、それは今に始まったことではなく、小学校時代から続く悩みでもあります。

そんなすね毛に対して、これまで様々なアプローチをしてきました。

失敗を数えたらキリがありません。

しかし、数々の失敗は最善のアプローチ方法を教えてくれました。

それでは、濃いすね毛を薄く見せる方法につき経験を元に紹介していきましょう。

すね毛に悩むあなたの一助となれば幸いです。

Sponsored Link


濃いすね毛を薄くするその前に

濃いすね毛への処理のはやる気持ちを抑えてまずは、ひと呼吸おきましょう。

実は、すね毛へのアプローチの前に押さえておくべき大切なポイントが4つあるのです。

  • すね毛を薄くしたい or 薄く見せたい?
  • 手間をどれほどかけるのか
  • お金をどれだけ掛けれるのか
  • 毛先の形状を少しでも自然に近づけることができるか

これら4つのポイントの何を大切にするかでアプローチの方法や仕上がりも異なってきます。

なかでも私が力説しておきたいのは毛先の形状を少しでも自然に近づけることができるかです。

“毛先が自然であるかないか”は経験上とても重要です。

毛先の不自然さをどれほど悩み、気にするのかは、毛が濃くない人にはなかなか理解できない感情の様ですね。

いかにも今剃りましたと言わんばかりのカット毛先の恥ずかしいことったらありません。“いかにも剃った感”は何としても避けたいので、なるべくここは詳しく対処法について紹介していきます。

では、次の順番で濃い毛を薄くする方法を紹介していきましょう。

  • 剃る
  • 抜く
  • 薄く見せる

 

剃ってすね毛を薄くする

まずは、すね毛を薄くするには薄く見せる方法と抜いたり剃る方法があります。

月並みではありますが、思い付きであっても、最もお手軽で確実にすね毛を取り除ける方法です。

しかし、中途半端に剃ると肌を傷つけますし、思ったような薄さになりません。

むしろ、とげとげとした毛がしぶとく残ってしまう場合もあります。

しかも、意外と手間が掛かってしまうのです。もう少し詳しく解説しましょう。

まずは剃る場合ですが道具によっても違いが出て来ます。

何を使って剃るか?

基本的にはT字カミソリを使用します。いわゆる髭剃りですね。
女性用も出ているくらいですから、すね毛剃りの一般的なイメージも髭剃りなのではないでしょうか。

何よりも値段もお手頃ですし、普段使っている髭剃りをそのまますね毛に使用できますからね。

また、ホテルなどにも大抵が使い捨てのひげ剃りが置いてありますから何かと気軽に使用することもできます。

ただ、遠目にはすね毛が薄いかのように見えますが、近付かれると「こいつ剃ったな」とすぐにバレてしまいます。

また、すね毛全体を剃るにはそれ相応の時間がかかります。荒く剃れば10分ほどで済みますが、丁寧に剃ろうと思うとそれなりの時間を要します。

また、一度剃り始めたら最後まで剃り上げる気持ちが必要です。途中で引き返せません。もちろん剃り方にもよりますが、途中で終わるなんてことはできません。

“何枚刃を使用するのか?”刃の数によって使用感や剃った後の感じは全く異なってきます。

2枚刃を使用した感想

私の場合、最初の頃に数度m使い切りの2枚刃を試しました。5個入りの800円前後の物で用意はできますので値段的にもお手頃です。ので手にしやすいのは良いいところです。

しかし、剛毛が完全に刃に勝ってしまいました。2枚刃では文字通り刃が立ちませんでした。

結果、時間も掛かる上に肌は荒れるわ毛は剃れないわで上手くいかずに2枚刃は断念しました。

5枚刃を使用した感想

そこで、次は一気に5枚刃のカミソリに挑戦しました。

時間もそんなにかからずに丁寧に剃り上げることができました。

お値段も4個入りの2000円前後ですから、そんなに安いとは言えない値段です。

5枚刃のカミソリを使用すると1枚刃や2枚刃と違って肌の表面は確かにツルツルにはなります。

しかし、どうしても剃り跡は残ってしまいました。

さらに、他人の目という点で、>昨日まで剛毛の足が、今日突然ツルツルになってお披露目なわけですから、その気恥ずかしさも乗り越えなくてはいけません。

初見の方には問題ありませんが、どうしても意識してしまう部分です。

また、毛先の断面が、毛を太く見せます。

これらの経験から次のことが言えます。

カミソリで剃るという行為は、応急的且つ束の間の自信を獲得できます。

しかし、それなりの代償もあります。
代償をまとめますと次のものがあります。

  • 肌を痛める
  • 剃り跡が残る
  • 何度も剃らないといけない
  • 剃ったのがバレないか気になる
  • 剃る前と剃った跡の激しい見た目の差がある
  • 剃る部分と剃らない部分の境界の判断がわからなくなる
  • カミソリを頻繁に買い換える必要があり経費が馬鹿にならない

これらを代償を考えますと、剃ること自体をあまりオススメはできません。

注意:

補足ですが、シェイブ後は、必ず保湿剤やクリームを塗布することをお勧めします。

今まで毛に覆われていた肌が突然露出されるわけ日に晒されることなどにより、思わぬ肌トラブルが起こり易くなります。

特に、経験上、次の日以降に肌荒れが目立つようになります。ケアは入念にしておきましょう。

Sponsored Link


抜く

毛を剃った後の剃り残しを退治するのにも最も近道で荒業が抜くことです。

毛抜きを使って、ひたすら抜く行為は最も耐えがたいと思われがちですが、一発で抜けた時の心地よさは何物にも代えがたいものがあります。

毛というのは、表面的には短く見えるのですが、いざ抜いてみると予想以上に長いのです。

そして、毛根がしっかりしています。毛が濃いから悩んでいる訳あって、毛根も太くてしぶといので厄介です。

痛みを伴いますので、あまりオススメはできませんが、跡形なく処理できるという点では目をみはるものがあります。

ただし、繰り返しますが、皮膚トラブルが生じることもありますのでお気を付けください。

薄く見せる

剃る、抜くと見てきましたが、代償が大きい場合もありました。

毛が濃くてもとりあえず薄く見えれば良いのであれば次に紹介する方法がオススメです。

すく

すきバサミやすきカミソリですく方法です。

すね毛の量を減らして、ボリュームを抑え、毛を短くすることで、自然な仕上がりを追求することができます。

厳密には、すね毛はなくなりませんが、少し手を入れるだけで確かな変化があります。

私の場合、この方法はうまくフィットしました。

毛の太さより長さに着目していますので、すね毛すべてを取り除くか残すかのALL or NOTHING的な考え方ではなく共存共栄の方針です。

すくのは程度にもよりますが、不自然なカット毛先は目立ちません。

正確には、やはりカットしていますので、目を凝らして見るとわかりますが、カミソリほどの不自然さはありません。

最近は、メンズ専用のすきカミソリが薬局でも手に入りますので、お試しの価値はあります。

ただし、再び毛は生えてきますので、継続的なお手入れは欠かせません。

また、自分にフィットした丁度良いすき加減は、ある程度繰り返していく中でつかめていきま。

ですので、最初の数回はお試しの気持ちでともかくすいてみてください。

脱色する

ここからの話は、薄くするのではなく薄く見せる方法に特化して話を進めていきます。

「貴方の地肌は何色ですが?色白ですか?それとも色黒ですか?」

毛の色は黒です。毛と地肌のそれぞれが同系色に近づけば毛自体が目立たなくなるという発想を基に考えてみましょう。

地肌に寄せる時は、脱色も一つの手です。

以前、私はすね毛を金髪にしたことがあります。

確かに黒色ほど目立つことはなくなりましたが、金色の層が足の周りを囲んでいるので、自分で見るのには目立ちました。

しかし、意外と気づかれませんでした。西洋人を想像してみてください。毛深いですが、黒毛よりは控えめな印象です。

日焼けする

毛に寄せる時は、地肌を色黒に近づけるという方法があります。

早い話が日焼けですが、小麦色の肌は毛が目立ちません。

また、健康的という印象も付加価値として発生します。

私の場合、日サロに行く自信はありませんでしたので、もっぱら家の窓辺に足を出して日光浴に励みました。

もともと色白でしたので、ある程度の効果は認められました。体全体の日焼けバランスもありますし、時間を要しますので、計画的に行えればかなりよい方法です。

当然、手間はかかりますのでその点は考慮してください。

まとめ

今回はカミソリや抜いて薄くする方法から薄く見せる方法まで紹介しました。

色々と悩む時もあるかと思いますが、思っているより人は気にしていません。

色々とやってみて現在の自分にあった方法をトライできればよいかと思います。

他にも脱毛剤を使用した経験もありますのでまた紹介していきます。

最後までお読み頂きありがとうございました。

Sponsored Link



コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください