ストレスに弱い原因はなぜ?病気や発達障害の可能性も

Sponsored Link






“もう、耐えられない”

仕事や家事などで多くのストレスを抱えている。

周りの人達とも同じ職場環境だし、家事や仕事なども、皆と同じ様な環境にいるのになぜだろう?

自分だけがいつもストレスがいっぱい。

周りは自分がストレスを感じていること対しても平然とこなしている様に見える。

自分なりには頑張ってきた。でも、なかなかうまくいかない。
ストレス,ストレスに弱い,発達障害,原因

“もう、

無理かもしれない”

大変な思いをされているのに踏ん張られて、すごいことだと思います。色々な状況もありますし、色んな抱えている問題もあるでしょう。

しかし、あることに気付けば未来は変わるかもしれません。

そんなあなたに今回の記事はお贈りします。

Sponsored Link


ストレスが周りの皆と同じという錯覚

同じ環境下で、同じように仕事をしているはずなのに、毎日がストレスでいっぱい。

環境は皆と一緒なのだから、自分が努力すればいい。

自分が変わればいい。自分が耐えさえすれば、我慢すればいい。

みんなも周りも同じストレス環境で頑張っているのだから、私にもできるはず。

はっきり言いますと、この考え方は間違っています。

そもそも、ストレスの感じる場面や感じ方などは人によって千差万別です。

人にはそれぞれの個性があって、それぞれが違うように、ストレスの感じ方や場面も違います。

ストレスのボールと受ける回数

ここにストレスのボールがあるとします。
このボール1つには、ストレスの差は無く、どれもストレス値を等しく10だとします。

ストレスの場面の機会が多い人は、もちろんストレスを受ける回数が増えますよね。

例えば、Aさんが、20回受けたとしたら

A:10(ストレス) × 20回 =200 
ですね。

200のダメージを受けた訳です。

方や、もう一人のBさんはどうでしょうか。

B:10(ストレス) × 5回 = 50

50のダメージを受けている訳ですね。

AさんとBさんのストレスの受けた回数を比較すると、150もAさんがストレスを多く受けている計算になります。

一人の人における1回のストレスを10と、等しく同じ数字にしたことには理由があります。

今回は回数の問題を重要視したためです。

仮に同じストレスを受けていても、その回数が違うだけで、大きな差が出ることは、先程、紹介しました。

先程の差は、日を重ねれば重ねるほど、確実に大きく差が出てきますよね。

しかも、回数の大きな差は、より大きなストレスとなります。ストレスを抱えるほどに1回のストレス場面で受ける10のストレスは20にも30にも感じる様になるでしょう。

こう考えれば、より一層ストレスは乗じて増大して、さらに、大きなストレスを受けはじめる訳です。

ストレスは皆と同じということは言えない事になります。

ストレスに単純に弱いのではなく、ストレスを受けている回数が多いのです。

ストレスの発散の仕方はコチラをどうぞ。

なぜストレスを受ける場面が多くなるのか

ストレスを受ける回数は人によって違うといいましたが、これは顕著に表れます。

例えば、同じ人が同じような1日の生活を送ったとしましょう。但し、先日に起きた出来事が違うとします。

ある日は、彼氏や彼女と別れた次の日。

ある日は、彼氏や彼女ができた次の日。

これだけでも、次の仕事に及ぼす作用は違ってくることはお分かり頂けるのではないでしょうか。

彼氏や彼女ができた次の日に、有頂天になって、頭のなかがお花畑。

そんな相手に対しては、悪い話をしても

「いいよ、いいよ!僕に任せて」
となるかもしれませんよね。

一方で、彼氏や彼女と別れた次の日には、普通の話をしても、悪く捉えたり過度な負担になるかもしれません。

今、この記事をご覧になられている方は、自分はストレスに弱いと思って読んで頂いている事でしょう。

平常時はストレスは平気だけど、時々、ストレスが多い方は、単にいつもよりもコンディションが整っていないだけかもしれません。

しかし、次に該当する方は全く違った事となります。

それは、常日頃からストレスに弱いと思っている、そんな方々です。

これは、日常的にストレスを受けている回数が多いとも考えられますよね。回数が多いと、自分はストレスには弱いと考えもするでしょう。

このストレスを受ける回数が多い原因には、次のことが考えられます。

それは、周囲よりもストレスに合う回数が多いとの自覚がなくストレスにずっと耐えて来られた方。

生活のために家族のために、死ぬような思いをして毎日の家事や生活に耐えて来られた方には、実は、次の理由が考えられるのです。

それは、あなたが発達障害である可能性です。

発達障害とは何か

実は、社会に上手に馴染めていない大人の方の多くに発達障害の方が多いことが分かってきています。

会社や日常生活のストレスも重なりうつ病になる方も多いのですが、うつ病の方の実に90%近くに発達障害の症状があるとの研究データもあるほどです。

詳細に関しましてはこちらの記事に書いてありますので、まずはお読みください。

仕事の特徴を見てきましたが、当てはまる事も多いのではないでしょうか?

周囲が簡単なことでも、自分にとっては困難な事が多い訳です。

その分、ストレスが多いのももっともではないでしょうか。

ストレス,原因,ストレスに弱い,発達障害
この事実を知らずに、周囲のストレスと同列に自分を並べて判断することは非常に危険なのです。

ましてや、単純に“ストレスに弱い”とか、“ストレス耐性がない”との判断は、間違った行動を生みます。

ストレスからの回避を考えるどころか、

「ストレスと戦おう!」

「努力しよう!」

「工夫しよう!」

と、さらに負荷を自分に掛けながら挑んでいく訳ですから、大変なのは言うまでもありませんよね。

この、発達障害ですが、最近よく耳にするようになられた方も多いのではないでしょうか?

大人の発達障害が認知され始めたのですね。

また、発達障害の方の人数もここ数年で爆発的に増加の一途を辿っているのですが、これにはある訳があるのです。

詳細はこちらの記事に紹介していますのでお読みください。

世間に周知それ始め、そして、理解もされる様になってきました。

ADHDなどは薬物療法もありますから、より積極的に治療に向かっていくことができるでしょう。

その他にも、様々なトレーニングやカウンセリングなどの改善に向けた取り組みがありますので、どんどん取り入れていけるとよいでしょう。

それよりも、まずは検査ですね。

検査をすることで自分のことが見えてきます。

“ああ、これが苦手だったんだな”

“これが原因で、何度注意されても同じミスを重ねていたんだな”

“いつも話を聞きなさいと言われるのには、原因があったんだな”

または逆に

“これこれが得意なことなんだ”

様々な発見とともに、自信を喪失し、否定ばかりしてきた自分自身に対しての良い意味での諦めと共に、安心感が芽生えることでしょう。

そして、それは次の的確な行動を生むのです。

例えば、発達障害だと分かった。また、軽度ではあるけれども、苦手なことが分かった。

そんな時は職場に伝えるといいでしょう。対応をしてくれる職場も多いです。丁寧に説明して理解を得ましょう。

働く事のストレスを嘘のように減らすこともできます。

発達障害の方との接し方についてはこちらに詳しく書いていますので、お読み頂けると深まるかとおもいます。

ストレスに弱い

言葉にしてみれば、簡単な言葉ですよね。しかし、弱いのにも理由があった。もっと言えば弱い訳ではなかった。

このことが分かるだけで、これからのストレス要因に対する、接し方や取り組み方も変わるてしょう。

また、変えていくことができるてしょう。

十把一絡げで、ストレスに強い弱いなんて言えないです。マインドが弱いなんて言えないんです。

自分の状況を知り、価値的な人生を賢く生きていきたいですね。

ストレスで命を落とす方もいます。

ストレスで病気になる方もいます。発達障害を起因として、様々なストレスが覆い被さり、うつ病になる方は大勢います。

詳細記事はこちらになりますので併せてお読みください。

Sponsored Link


まとめ

ストレスにより、家庭が崩壊することもあります。

そのストレスを受けていた当事者は、誰より頑張っていて、必死だったかもしれません。

この記事を見られて、ストレスが慢性的にひどくて、しかも、周囲とのストレスの差が激しい方は、明日にでも病院のドアを叩いてみてはいかがでしょうか。

新しい未来の自分を知れるチャンスになることを願います。

それでは、あまりストレスを溜めないように。今度は、これまでの頑張りをこの一点に集中して賢く価値的にいきたいですね。


<まとめ>

  • ストレスは人によって受ける回数や度合いが違う
  • ストレスを受ける回数が多い人がいる
  • 通常考えられるの努力や根性論などでは解決しない
  • 発達障害の可能性を考える
  • 検査や診察をする
  • 自分自身の的確な生き方を学び人生を賢く価値的に生きる
  • Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください