別居している妻と復縁するには?仲直りするために男性がするべきたった1つのこと

Sponsored Link






あなたはまず復縁を本当にしたいのか。

もう一度自分の心に聞いてみましょう。

なぜなら、復縁には覚悟がいるからです。

今のこの瞬間も、妻が家から出ていき実家に戻っているのならなおさらです。

子供まで連れて戻られていればなおさらです。


妻,別居,復縁,男性,仲直り
復縁して寄りを戻したい。仲直りしてやり直したい。

そういう方だけお読みください。

もう一度言います。

復縁には覚悟がいるからです。

たった一つの覚悟です。

難しいことではありません。

しかし、あなたはそれができていなかったから今の状況があります。

できていなかったのです。


家事の手伝いができていなかったから?

ちがいます。



子供をみれていなかったから?

ちがいます。



話を聞けなかったから?

ちがいます。


それでは、たった一つの解決方法につきお話しします。

Sponsored Link


復縁したいですか

もう一度お聞きします。

復縁したいですか?

あなたはなぜ復縁をしたいのでしょうか。

あなたはなぜ妻と一緒にやっていきたいのでしょうか。

それはなぜでしょうか。

  • 体裁なのか
  • 子供のためか
  • 経済的に楽なのか
  • 妻を愛しているからか
  • やり直すことが自然だからか
  • これからの人生が楽しみだからか
  •  

    色々な理由があっても良いでしょう。

    ここでは理由は問題ではありません。

    復縁さえできればOKのゲームと思って下さい。

    あんまりプレッシャーをかける気もさらさらありませんので。

    では、いきなりですが答えを言います。

    あなたは“一緒に”という言葉を使ってはいけません。



    守れますか?

    愛し合うという言葉の詭弁

    愛という言葉があります。

    愛はどのように使うでしょうか。

  • 愛する
  • 愛される
  • 愛し合う  × 
  • などあるかと思います。

    しかし、3つ目の愛し合うは間違いです。

    愛し合うのではなく、あなたは愛せばいいのです。

    どういうことか。

    愛し合うの“合う”をあなたは強要してきたのかもしれないのです。

    そんなつもりは無いよ。

    そう思われますでしょうか。

    では、逆に“合う”ってなんでしょうか。

    愛し合うというのは結果であって、愛し合おうとするものではないのです。

    ただし、“愛し合うごっこ”は成立します。

    愛す。

    これだけなのですね。

    これができていなかったゆえに別居に至っているのです。

    ギリ離婚の手続きをしていないだけなのです。

    Sponsored Link


    一緒にの詭弁

    愛の例でお分かりかと思います。

    家族生活において、

    妻と一緒に何かをすることも多いでしょう。

    妻と共有したいことも沢山あったでしょう。

    妻や子供と一緒に楽しめたらそれは幸せに違いありません。

  • 一緒に笑い。
  • 一緒に遊び。
  • 一緒に誓い。
  • 一緒に旅行をし。
  • 一緒に苦楽を分かち。
  • 一緒にテレビを観て。
  • 一緒にご飯を食べて。
  • 一緒にお出かけをして。
  • 一緒にやりくりをして。
  • 一緒に目的に向かって。
  • 一緒に幸せになろうって決めて。
  • 一緒に墓に入ろうなんて言ってませんよね?

    まあ、言っていても構いませんが。

    一緒にって美談ですよね。

    言葉には綺麗さをまとってますよね。

    一緒に幸せになれればいいではないですか。

    一緒に笑えればいいではないですか。


    しかしです。

    あなたの間違えは“一緒に”が先に来たことなんです。

    愛の例で言いましょう。

    “愛し合う”は結果でしたよね。

    “一緒に”も結果なのです。

    先に一緒には求めるものではないのです。

    Sponsored Link


     

    僕はの魔法

    少しわかって頂けましたでしょうか。

    大切なのは“僕は”です。

    これ、「僕は」って言葉で言わなくて構いません。

    姿勢の問題です。



    僕は君を愛す。

    僕は君を笑わせる。

    僕は君を幸せにする。

    僕は君を喜ばせる。

    ここにさえ見え隠れしてしまうのです。

    見返りの思いが。


    君も愛して。

    お互いにやろうよ。

    愛すからそれなりに返して。


    夫婦ってずっといますよね。

    運命共同体みたいな勘違いもあるでしょう。


    生命は別です。

    どこまでいこうとも。

    しかし、相手に無慈悲であれってことではないのです。


    逆です。


    相手を思うのであれば自分が変わる以外にない。

    しかも、自分が変われば相手が変わるということではない。

    自分が変われば環境は変わるでしょう。

    こんなことは道理でしょう。

    しかし、言葉が先に来るとあべこべになってしまいます。

    妻,別居,復縁,仲直り,男性


    なぜならば。

    相手が変わることを見越して自分が変わろうとしている。

    そこには

    目的が相手が変わることにある

    と言っているようなもの。

    相手を変えるために自分が変わる。

    そうではないですよね。

    これだと相手に変化を求めていることが先になってしまいますよね。

    世の先人や哲人たちが同じ言葉を言ったとしましょう。

    それは結果を述べているだけです。

    しかし、あなたが環境を変えるために自分を変えようとした瞬間。

    環境を変えることを目的に自分を変えることになる訳です。

    くどいようですが、真逆の結果になっていることがお分かり頂けますでしょうか。

    要するにこうです。



    僕は変わる。

    僕は話を聞く。

    あなたの態度は関係ない。

    僕はこうしていく。

    僕は君を愛す。

    僕は楽しむ。

    僕は家庭を守る。

    僕が家族を守る。


    これだけです。

    あと、もう一つ補足しておきます。

    お互いはNGワード

    “お互い”が禁止ワードって知っていましたか?

    私が勝手にきめているだけですが。



    これ、よくありません。

    理屈は“愛し合う”とか“一緒に”と同じです。


    「お互い一からやり直そう」

    「お互いを認め合おう」

    「お互いに理解し合おう」


    “お互い”を使う瞬間に相手に求めて。

    その上で

    “認め合おう”

    “理解し合おう”

    などと具体案まで提示。


    二段重ねの相手への求めと強要。

    これは良くないですね。

    お互いって何でしょうか。

    自分は。

    僕は。

    で片付きませんか?

    今回の記事で伝えたいことはこれだけです。

    復縁したい。

    復縁をしたい。

    復縁といえば相手がいる。

    相手に復縁を求める。

    相手は嫌がっている。

    相手は離婚をしたがっている。

    こんな状況でしたら普通はそうではなくても相手の対応を求めてしまうでしょう。

    期待もするでしょう。

    神頼みの様な気持ちかもしれませんね。

    しかし、こんな時だからこそ気付けることなのですね。

    僕はこうしていく。

    僕は伴侶を求めない。

    僕はかならず幸せになる。

    僕は必ず君を家族を幸せにする。

    具体的な行動

    僕はこうする。

    “一緒に”を捨てたと相手がわかるアプローチをしましょう。

    会えないのであれば手紙などしかないでしょう。

    手紙の内容は

    「一緒に幸せになりたい」

    「〇〇を反省している。一緒にやり直そう」

    これらは×(バツ)です。

    自分はどうするかを丁寧に示しましょう。

    きっと伝わるはずです。

    妻の親御さんと話ができるのであれば、

    「ぼくはこうしていく」

    を伝えましょう。

    もちろん冷静に礼儀正しくです。

    まとめ

    テクニックではないと思います。

    私自身、このような経験はあります。

    その時に気付いたことは、“相手がうんぬん”ということに囚われている自分でした。

    「こうしていけばもっとよくなるよ。」

    を相手に伝える訳です。

    これは愚の骨頂な訳です。

    自分の願望を叶えたいのに相手を使っているのです。

    詭弁なのですね。

    相手からすると“自分を出汁に使いやがって”と頭では理解していなくても心に蓄積していく訳です。

    自分が変われば相手も変わるというのは理屈では分かります。

    しかし、今一度、自分が変わる先にしか環境は変わらないことを行動からしましていきませんか。

    これしかないですよ。

    あと、言っておきますと。

    普通の夫婦関係の中で今紹介した言葉の使用はOKですので。

    ただし、相手に求めるワードだとの理解の上で使った方が賢明でしょうね。

    お気をつけて下さい。

    でも、これがクリアできたらもっと楽しいですよ。

    自分に課せられた負担。

    自分に強いられた課題。

    こんなふうに考える必要はありません。

    次の段階にステージアップする自分に必要不可欠なできごとを素直にのり越えるだけの話ですよ。

    復縁して明るく楽しく過ごされることをお祈りします。

    きっとうまくいきますよ。

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    経験者談m(_)m

    Sponsored Link


     


    コメントを残す




    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください